トップページ

2017-12-24

【実践研究会】12月定例会報告

【日 時】12月116日(土)15:00~17:30
【場 所】成城学園初等学校仮校舎 第二校舎 小会議室
【参加者】ワイリー、保坂、金岡、今井  計4名


1.上演報告「もじモジ合戦」1・2年生による劇発表の実践
ワイリー麻梨子さん

 ワイリーさんの学校では、1・2年生合同で劇の発表を行いました。今回、脚本制作から演出までを中心になって進めた体験を報告していただきました。

<脚本を書いたきっかけ>
・日本語の面白さを感じて欲しい。また、漢字学習が苦手な子に楽しみを見出してほし いということから「もじモジ合戦」の脚本を書いた。
・低学年の子どもたちは、文字への関心が高い。その興味関心を劇への意欲につなげたいと考えた。

<あらすじ>
 「平仮名」「片仮名」「漢字」を一人一文字ずつ身にまとった子供たち。しりとり、回文、変身ごっこ、お店屋さんごっこ、など、さまざまな遊びを繰り広げながら、「平仮名」「片仮名」「漢字」それぞれの良さをアピールします。ところが、自分たちが一番という思いが強くて、けんかになってしまいます。でも、最後は互いの良さや必要性を認め合っていくストーリーです。

<児童の変容(子どもの作文より)>
「ひらがなをやってよかった。」 ⇒ 自分の役に愛着をもち、楽しく演じることができた。
「このシーンをがんばった。」 ⇒ 思い入れがあるシーンだと伝えたことで、練習の雰囲気や気持ちが変わった。
「リアクションやセリフを考えている子がいた。」 ⇒ 他の子の頑張りに目を向けていた。
「一人ではできなかった。」 ⇒ みんなでつくる楽しさ、達成感を味わうことができたのではないか。

<実践を通して課題と感じたこと(実践研で話し合ったこと)>

①毎回の練習にどのように意義・意識を持たせていくか。モチベーションを継続していくには?
・見通しを持てるように、事前におおまかな指導計画を立て、指導者の役割分担をはっきりさせる。また、毎回の練習のめあてを明確にして、指導者同士で共有しておくと良い。
・練習開始の5分程度でもよいので、心をほぐすゲームやアクティビティを取り入れることで、楽しい雰囲気で練習に入ることができる。

②舞台の使い方について、また舞台での立ち回りをどのように指導していくか。
・ワイリーさんの学校では、近くにある公共ホールを借りて上演を行っているため、舞台が大きい。また、舞台練習の回数が限られている。そこで、舞台の床にビニールテープで立ち位置の目安を示して練習すると、児童は舞台の奥行きも感じながら演じられるようになってくるのではないか。
・劇指導の中で、そのポジションに動く必然性があるように仕組んでおくと、舞台全体の動きに変化をもたらすことができる。

③練習の振り返りをどのように行っていくと効果的か。
・「学芸会日記」に取り組ませる。その日の練習を振り返り、文章で記録させたり俳句に読んだりする。また、その日記を学級の子供たちに紹介することで、モチベーションを高めることもできる。学級通信で紹介すれば、保護者にも練習の様子が伝わり、家庭でも話題にするきっかけとなる。
・舞台上にいない(待機している)子供たちに、「声が聞こえていたら〇(マル)」の合図を出させて、互いの演技を相互評価し合う機会を設けても良い。
・低学年でも、満足感を感じられる脚本、劇指導について研究していきたい。
【文責:今井洋助】

《次回予告》次回の実践研究会は、2月17日(土)15:00~17:30です。内容は
「木村大望さんのホットシーティング実習」
「今井洋助さんの上演報告 ユタと不思議な仲間たち(6年生)」
「金岡香恵さんの実践報告 道徳劇について」
です。
 
★当日は、16時半より、実践研究会の来年度予定について打ち合わせを行います。運営委員の方は、参加をお願い致します。来年度の予定が分かるものをご持参ください。欠席される場合は、今井までご連絡ください。よろしくお願い致します。

★本年度も3月25日(日)に実践研究会お楽しみツアーを予定しています。日帰りですが、歴史発見、グルメとの出会い、等々、劇作の仲間との楽しい時間になること間違いなし!!現在、「訪れてみたい場所」を募集しています。ちなみに、昨年は「葛飾柴又 寅さん山田洋二監督の世界を訪ねよう」でした。 

2017-11-26

【事務局だより】冬季セミナーのお知らせ、他

日程は2018年1月6日(土)~7日(日)です。詳細は後日お知らせします。
 実りある内容を検討中です。ぜひとも、ご予定をあけておいてください。


☆ 10月14日(土)「愛知支部 秋の行事直前ワークショップ」が行われました。

 愛知支部の会員の方々を中心に、東京からは、中村(とし)が参加し総勢9名で、「手塚治虫大先生の少年時代のお話」を劇にして上演する手立てをもとに、集中したワークショップを行いました。みんなで考えて、動いて、意見を出し合い、解決をしていく、充実した時間を過ごすことができました。愛知支部のみなさま、貴重な学びの機会を提供してくださり、誠にありがとうございました。                 
【文責:中村とし】

【脚本研究会】11月活動報告

日時:平成29年11月17日(金)
会場:成城学園初等学校 小会議室
参加者:石川、入野、金平、木村(た)、久保、保坂、森田、百合岡(8名)

小川信夫先生の作品『ウルフの涙=碧空に翼求めて子等は跳ぶ=』を読んで

・二幕十一場の長編作品。その創作へのエネルギーに感服。今の私たちに、これほどの長編が書けるだろうか。
・構成の仕方、場面転換、人物の描き方など、さすが。学ぶところが多々ある。
・「中学生日記」のイメージ。言葉のやりとりは実際の子どもたちと同じ雰囲気だが、内面に関しては、今の子どもたちはもっとデリケートで傷ついているのではないか。学校の荒れに対する認識、問題解決に向かう方向性は、現実とのずれを若干感じる。
・構成の仕方など脚本を学ぶ教材として木村さんにレポートを用意してもらい、改めて取り上げる機会をもちたい。

四年生用脚本『有馬城のひみつ』
久保 由美子 作

<作品について>
 4年生60名、12月宮前区学芸大会で上演予定作品の書き直し。既に練習を開始しており、やりながら修正を加えている。最後の、とのさまが笑うシーンの辻褄が合わないのと、言葉がやや難しいのが課題。

<話し合いより>
・前回よりも整理され、物語が分かりやすくなった。
・一番いいところは、村人たちを巻き込んで問題を解決するところ。そこにどうやってもっていくかが大事。
・4年生向け作品として、ダンスやラップなど遊びの要素がバラエティ豊かに入っているのはよい。その一方で、ドラマについてももう少し整えたい。
・(森田さんより)ドラマに必要なのは、
必然性…納得して話が進むことが大切
転(クライマックス)で何がどう変化したのかということ
作者は、この作品を通して何を伝えたかったのかということ
いずれについても、もう一歩足りない印象。①については、「とのさまがなぜ笑ったか」ということが一番肝心なところだが、ここがひっかかってしまう。また、校長先生や教官たちは生徒に対して、とのさまは村人たちに対して、それぞれどう思っているのだろう。そこに血の通ったやりとりがほしい。
・お祭りは五穀豊穣を祝うものであり、村人たちが一年間一生懸命働いた成果を感じられる大事なイベント。倹約のために中止されてしまったお祭りを復活させるために、村人と忍者学校の生徒たちが協力する…という流れにすればよいのでは。
・とのさまは、自らも含め倹約をすることで村を救おうとしていたので、基本的にはいい人のはず。そうした面を描いた上で、最後にとのさまに気付き(倹約もいいが、村人にとってお祭りや交流、笑いや楽しさは、生きていくためにとても大切なものであるということ)があると、とのさまの行動が自然になる。
・ラストシーンは、とのさまも加わってみんなでお祭りで盛り上がるとよい。
・「それから毎年とのさまも一緒に、村でお祭りが行われるようになりました。」として、それが有馬城が代々栄えたひみつである…という落ちにしてもよいのでは。タイトルの「ひみつ」が何を指しているのか、ちゃんと分かるようにしたい。

一年生用脚本相談『ふうせんりょこう』
入野 美沙 作

<作品について>
1年生42名の学習発表会向けの作品を書きたい。原作は、絵本『ビルのふうせんりょこう』(ライナー・チムニク作・絵)。空を飛ぶことを夢見る四人兄弟が、友達がもってきてくれたたくさんの風船をベッドにくくりつけ、空を飛んで旅をするストーリー。

<話し合いより>
・消防士や警察に人数を割くのはもったいない。四人兄弟が空で出会ういろんなものたち(鳥や雲など)を登場させるとよい。雲もいろんな種類をつくってもよいし、雷様が出てきても面白い。
・「信じる心」をテーマにするのはやや不自然。(信じたら空を飛べるのか…?)夢の中のできごととして、雲の上で遊んだり(エバーマットを使うといい)、どこかの島に降りたり、宇宙まで飛んでいったりと思い切り遊ぶシーンをつくり、「楽しかったね」と目覚めればよいのでは。そしてベッドには風船が一つ残っていて…。
・降りるとき、風船を一つずつ壊すというのはちょっとリアルすぎる?四人兄弟の降り方を一人一人変えてもよいし、そこも面白くしたい。
・誕生日に友達が次々に風船をもってきてくれるのが、きれいで良いシーン。
・実物の風船を舞台で使うのはリスクがあるので、プロジェクターで画像を映し出すとよいのでは。
・遊びをたくさん取り入れて楽しい舞台にしたい。テーマは書いていくうちに見えてくるから(例えば「夢をみることの楽しさ」)まずは書きたいように書いてみよう。

◆今回のこじま飲み会は、金平さん&森田さん&入野さんの三人で開催された模様。入野さんのフレッシュなパワーが光っています!

次回は、12/2(土)14時~成城にて
こまの会・こんぺいとうとの三会合同です。ゼミからは久保さんが作品を提出されます。皆さまのご参加をお待ちしています。
【文責:百合岡】

2017-10-30

【実践研究会】10月定例会報告

【日 時】10月21日(土)15:00~17:30
【会 場】成城学園初等学校仮校舎 第2校舎 小会議室
【参加者】藤本、保坂、金岡、長田、小宮、西脇、木村大、今井  計8名

1.ホットシーティングで文学教材の読みを深める
藤本博子さん ※使用教材:「ごんぎつね」(学校図書4年下)

 前回7月の「きつねのおきゃくさま」に引き続き、今回もきつねが登場するお話でした。「ごんぎつね」は全検定教科書に掲載され、4年生で学ぶ新美南吉作の名作教材です。3人ずつのグループに分かれ、相手グループに対してどんな質問をするか、改めて教材文を読み返しながら考えました。「ごん役」と「兵十役」になった人は、その役になりきってスピーチをしました。その答え方には、叙述の読みとりをどのようにしたのかが表れていました。

【ごんへの質問】
・なぜ、いたずらを繰り返したのですか。
・大変でしたね、最後は銃で撃たれて、兵十のことを恨んでいませんか。
・どうして「つぐない」をしようと決めたんですか。
【兵十への質問】
・どうしてお母さんは亡くられてしまったんですか。
・お母さんは、本当にうなぎを食べたかったのですか。
・兵十さんは、ごんを撃ってしまったとき、どんなお気持ちでしたか。

◎実習後は、ホットシーティングの効果について話し合いました。
・読み取ったことを考え深めるきっかけになる、子どもが必然性をもって教材文に戻って読み直すようになる。
・質問される側が「なりきる」ことができるのか、子どもにはハードルが高くないか心配。
・なりきると考えると、正答を出さなければならないということにつながってしまいそう。
・読み方(捉え方)や感じ方は個々に違っていてもいいのではないか。
・答えていくうちに考え方が変化していく子もいるだろう。
・みんなで聞いたり答えたりしていくうちに、思考や見方が広がっていくのが、ホットシーティングの
よさではないか。
・答える側が複数(例えば、ごんが3人)いるなどの方法で取り組んだら、その3人の中での違いが出
てきたり、あるいはフォローし合える部分が出てきたりしそう。目的や実態に合わせた工夫で、考えを引き出してあげることができるだろう。



2「パックン劇団ひまわり」
~5年生総合的な学習の時間の取り組みから~
小宮民子さん

 昨年度、人形劇を通して子どもたちは何を学ぶことができるか、どんな力を身に付けることができるのか、皆さんと考えたいという実践報告でした。

【単元の目標】
 小宮さんは単元を構想するにあたって、子どもの実態、身に付けさせたい力、人形劇を通して関わる人々(近隣の幼稚園保育園の園児や先生方、「カシュcache」の方々や代表のDさん)との関連付けを図った。子どものゴールの姿として、自分の人形劇を観た相手に喜んでもらうことを実感し自信をもてる子、自分たちで計画してできた達成感を感じられる子を育てたいと、考えた。
 小宮さんは単元を構想するにあたって、子どもの実態、身に付けさせたい力、人形劇を通して関わる人々(近隣の幼稚園保育園の園児や先生方、「カシュcache」の方々や代表のDさん)との関連付けを図った。子どものゴールの姿として、自分の人形劇を観た相手に喜んでもらうことを実感し自信をもてる子、自分たちで計画してできた達成感を感じられる子を育てたいと、考えた。

【単元計画・基本構想】全50時間
1・・・5年のAIAI(総合)の計画を立てよう
2・・・「人形劇で交流」できるのかな?
3・・・人形劇を楽しんでもらって交流しよう
4・・・笑顔になってもらえる人形劇公演にしよう
5・・・来年につなごう パックン劇団ひまわり!

 報告のレポートには、1年間かけて取り組んできた実践の歩みが細かく記されていました。関わった人々から厳しい感想を受けたことがあったけれど、子どもたちがどのように学級で話し合いを重ね、次時の活動計画を見直していったのか、その変容が伝わってきました。最後に、参加者の皆さんで感想交流をしました。
・幼稚園保育園に3回継続して訪問することで、児童が園児の気持ちになって考えるようになったり、自分たちの人形劇をより良いものにしていきたいという気持ちになったりしていることが大きな成果である。
・地域で活動している人たちには、パワーがある人が多い。地域の人々からの評価が、次の活動を作り上げていくきっかけになっている。子どもたちと共にライブで授業を構成しているのがよい。
・人形と触れることはセラピーにもなる。話すことが苦手な子などが、人形を介して他の人とコミュニケーションを取れるようになるよさもある。              
【文責:今井洋助】

《次回予告》次回の実践研究会は、11月11日(土)14:00~17:00です。

内容は
「今井洋助のホットシーティング実習」
「林玖実子さん実践報告 ドラマの技法、ホットシーティングを使って『一つの花』の読みを深める」
「西脇さんの実践報告 道徳で劇をやってみました!」です。
 また、翠会との合同開催です。翠会からは脚本が1本提案される予定です。14時開始です。
 ※12月、2月に実践報告をしてくださる方を募集中です。今井までご連絡ください。
 ※途中からの参加も歓迎します。秋の清々しいひと時を、皆さんで楽しく研究を深めましょう。

【事務局便り】

今後の各日程をお知らせいたします。

◆3会合同合評会

こま・こんぺいとう(担当幹事)との合同研究会です。
【日 時】12月 2日(土)14:00~17:00
【会 場】目黒区立鷹番小学校
♪夕方から懇親会も予定しています♪

※合同会・懇親会の出欠について、11月24日(金)までに、事務局長の池田さんへ連絡をしてください。

◆定例会・委員会
サイドバーをご確認ください。


◆冬季セミナーについて
【日 程】2018年1月6日(土)~7日(日)

 詳細は後日お知らせします。実りある内容を検討中です。ぜひとも、ご予定をあけておいてください。

☆ 10月14日(土)「愛知支部 秋の行事直前ワークショップ」が行われました。
 愛知支部の会員の方々を中心に、東京からは、中村(とし)が参加し総勢9名で、「手塚治虫大先生の少年時代のお話」を劇にして上演する手立てをもとに、集中したワークショップを行いました。みんなで考えて、動いて、意見を出し合い、解決をしていく、充実した時間を過ごすことができました。愛知支部のみなさま、貴重な学びの機会を提供してくださり、誠にありがとうございました。
【文責:中村とし】

2017-09-03

【第65回演劇教育夏期大学】宮沢りえさんとの対談

 8月9日に、女優の宮沢りえさんと、日本児童劇作の会副会長・成城学園初等学校校長の加藤陸雄先生の対談が行われました。一部、ご紹介します。
左:宮沢りえさん

★女優としてやっていこうとしたのは?
 最初は、ファッションモデルに憧れて芸能界に入りました。せりふ(言葉)を発するのが苦手でしたが、コマーシャルに出たのをきっかけに、映画の出演が決まりました。最初は、演技をするのが大変で緊張の連続でした。でも、演技をしていく仕事を積み重ねていくうちに、達成感や開放感を味わっていき、だんだん、お芝居が面白くなってきました。


★演劇とは?
 演劇というのは、魅力もあり魔力もあります。言い換えれば、恐怖と喜びの隣りあわせとなったような感じです。その時の心理状態や健康状態が舞台に影響します。もし、ミスがあっても、それを取り戻すために、お客さんには分からないように、いかにやわらかい心で接していくかが大切です。ミスは突然やってくるので、背中に汗をかくけど、そのライブ感が魅力的ともいえます。


★演劇で大切なもの
 お芝居では、協力し合って信頼関係を築くことがとても大切です。それがないと、舞台に立つことができないです。同じ志をもって、飛躍しようとするメンバーたちには、エネルギーをもらえたなと思います。チームワークが劇を創るともいえます。相手役に対して、誠実であることが大切です。そして、何よりも、作品を見てくださる方達に対しても誠実でありたいと考えています。お芝居が終わる日は、涙が出ます。千秋楽が終わって、拍手をいただいた時には、とても熱くなります。


★これからやってみたいこと
 演出すること、つまり、ゼロからパワーを操って、美術の方、照明の方を巻き込んで、表現したいことを作っていく作業には、とても興味があります。また、「いざなう」ということをやってみたいです。背中をぐっと押してくれる言葉をかけてみたいです。私も、そうしてもらったように、人によって、発揮するときが違うので、その人にあった言葉かけをしてみたいです。演出の仕方は、100人いたら100通りあります。とても興味があることです。

★先生方へのメッセージ
 子どもは無限な力を持っています。ハードルが高ければ高いほど、そこに対する想像力や知恵など、いろいろなものを駆使して、登ろうとします。登れない子がいたら、登れる子が助けます。互いに協力し合います。子どもの能力は、私たちが考えている以上に大きなものだと思います。ハードルを高くして、子ども達にいろいろな事を挑戦させてあげてください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 対談を聴いた参加者からの感想より ◆
♪「いざなう」という言葉が印象に残りました。「教師の役目はまさにこれ!」と心にピタリとはまりました。
♪子どもとの関係の中で役立つお言葉がたくさんあり、とてもためになりました。「ハードルを高く」という言葉には、考えさせられるものがありました。


♪プロの方の言葉はじっくり、重みがあり、考えさせられました。子どもたちに返せるものも沢山あり、参考になりました。貴重な機会をありがとうございました。

2017-09-02

【第65回演劇教育夏期大学】第5分科会「朗読劇実習」


担当:小宮民子 山本茂男 杉原貞圭 千野隆之
参加者:一般3名 会員5名 担当者4名 計12名

 朗読劇の基本から応用までを落語や教科書教材を用いて、参加者全員で体験しました。一日目は朗読劇の基本について詩などを使って実習した後、教科書教材「もうすぐ雨に」で朗読劇をつくりました。二日目は落語を朗読劇にするという試みを行った後、教科書教材「初雪のふる日」で朗読劇をつくりました。三日目は「初雪のふる日」を朗読劇として仕上げ、分科会交流会に臨みました。

 一般参加者は教員ではなく、学生、読み聞かせボランティア、学校図書館司書でした。そのため、教員が求めるものとは少し違いましたが、みなさんのいろいろな考えを取り入れながら進めることができました。

 AV教室を使わせていただいたので、自分たちの表現をプロジェクターと大型スクリーンで見ることで、直ちに振り返ることができ、大変効果的でした。
これまで取り組まれてこなかった落語や教科書教材を新たに朗読劇台本として構成することができました。

<参加者の声>
・「朗読劇とは?」というものを体験しながら学ぶことができた。思いっきり演じたり声を出したりすることでスカッとすることを発見できた。
・即使える題材やネタをたくさんいただいた。「朗読」と「朗読劇」の違いはまだまだりかいできていないことも多いが、酔い刺激をいただいたので実践して新しいこともどんどん活動に取り入れたい。
・動きの制約があると思ったのに無限の自由があった。ことばを、より自分のものにできた。
・とても充実していた。交流会用の練習がじっくりとできて感動した。
・一つ一つのワークが楽しくためになった。
・毎回、新しい発見があっておもしろかった。自分たちで演じたり、子どもたちにやらせたり、機会を見つけてリーダースシアターをやってみたいと思った。みんなで協力して作品を仕上げるのはとてもすばらしい。
・三日間参加したかった。早く子どもたちに還元していきたい。
【文責:千野】