トップページ

2010-05-31

5/21 脚本研究会 活動報告

期日 :5月21日(土) 19:00〜
場 所 :成城学園初等学校
参 加者:岩崎・池田・橋本・保坂・小宮・木村・蓑田・山本茂

◆「私は糖分を訴えます」 保坂 弘之作
作者より:前回の余分三兄弟から糖分だけに絞って書いてみた。お知 恵をお借りしたい。

・加害者は糖分で被害を受けたのは子どもたち。未成年の場合には検察などが代わりに告訴していく。そ れが分からないと納めようがない。
・すなお君がどうなったかというのが描かれていない話として通って いかない。
・お母さんが原告という設定もある。被害者は子ども。お母さんは止 めるべき。
・裁判を使うと対立が明確になるのでわかりやすいというメリットはある。しかし、裁判劇にこだわり過 ぎると難しくなってしまう。裁判ごっこくらいで考えたほうがよいのではないか。
・事件は、「すなおさんに大変なことが起こった」と書いてあるが、その大変なことが書かれていない。 すなおの状態が描かれていて、その原因に糖分が描かれていく。
・科学的知識の紹介であれば難しいことを分かりやすく説明すればいいから問題ない。ここでは、見当は ずれの訴えを一つ一つつぶされていって結局お前が悪いとなるとドラマとなる。子どもは意外と責任の所在を他の検討はずれのものにしているということに焦点 を当てて、それが、だんだんつぶされていって、結局自分が悪いという落ちになると次元の高まりが出てくる。
・糖分を取り過ぎるとよくないというのはだれでも分かっていること。でもついつい取りすぎちゃうのは 何なのかというところを突き詰めていくといいかもしれない。
・結局悪いのは自分なのだが、糖分のせいにしてしまっているという 展開が面白いのでは。
・人間の今の風潮にある問題、人のせいにしてみたり、自分の過ちを認めなかったりするようなことをど こかで皮肉るような話にすると面白い。
・真面目に言えば言うほど観客から見たらおかしいと思えるような劇 を書くとよい。
・最近の作品は、人の心にグサッと入ってくるものが何もない。劇を書くということは今の社会に疑問を 持ち、それを自分ながらに考えてそのレポートが一つの作品になるようなものを期待したい。そういう子どもや社会の問題に敏感に目を向けながら取り上げる努 力をしていく必要がある。
・脚本を書くときに紙を縦に使って縦書きにすると、台詞が長くなっても気にならなくなってしまう。横 に使うともう少し台詞の長さに気を配るようになる。


◆「教室でできる劇活動の脚本」 蓑田
作者より:調布の中学校の授業でやる脚本を持ってきた。人それぞれこれやりたい、あれ やりたいというものを持ってやるものだし、興味があれば、こういう脚本みたいなものを考えてみようというのもまたいいもの。

「へんな天気予報」…言葉だけで展開していく。いろいろな天気予報をやって「だめだこりゃ」で終わ り。

「たいへんだー」…動きをどう作るかを意識して書いたもの。

「見える見える」…音声と身体表現の練習。

ここまでは導入段階。グループごとに劇をやっていていつも感じるのは、自分たちは何か思いつくが、見せると様にならない。ごちゃごちゃかたまってしまって。そこで動き の練習を最初にやってみたほうがいいのではと思い、その導入を考えてみた。
こういう活動 は、最初は「泥水」が出る。出切ってしまうと初めてきれいな水が出始める。ステップを刻んでいかないと、劇活動は泥水で終わってしまう。そこでステップを 考えてみた。

「へんな彫刻展覧会」…半脚本。教室でやるにはこの方がいい。最初 は、台詞が決まっていて後半を子どもたちが自分たちで考えていく。最後は「あー、くたびれた」でおしまい。

「豆つぶ太郎の冒険」…完全な脚本の形。見えない豆つぶ太郎を見え るように演じる。豆つぶ太郎が泥棒までもやっつけてしまうという話。

・平田オリザさんの対話の作品が中学校の教科書に載っていた。ただやればいいとように書いてあった。 どのようによくなっていくのか分からずやらないで済ませたことが多かった。子どもが伸びるという保証がなければ同じような考え方をする人が多いのではない か。何がいいのか。
→その教科書に載っているものはかなりレベルが高い。もっといろいろな会話をやっている中で自分で 作ることも入れていく。

・評価の問題もあった。面白ければいいのか?うまければいいのか?是非見てみたい。
→確かに難しいと思う。泥水をいかにクリアにしていこうかという努力が必要。

演じた内容や 演じたことを評価すると難しい。でも、やったこと自体が評価になる。

・何か声をかけてあげたくなる。→終わった後に何か言わないほうがいいと思う。
・やったことについてどうだったかということは聞くようにしている。
・有効であるかどうかがどこかで実感できないと広がらないのではないか。
・普段の教室での子どもの姿とは違う姿が出てくると面白い。全部がうまくいくわけではないが、心が開 けるかどうかが評価の一つの判断材料になる。
・実際のどのくらいの時間でやるのか?→分からない。実際にやってみる中で、調整していく。
・どんな脚本がよい半脚本なのかという判断をするには、何を目的にしていくのかが明らかにしていかな いと論じることができない。お互いのコミュニケーションができたり、楽しく演じることができたりすればいいというのが判断基準。
・こういう活動は子どもたちの発想の豊かさをねらっている。この活動が実生活、つまり学校生活に生き てくるかが大切。1時間の中でこの時間は私のクラスはこれをやろう、あの子をしゃべらせてやろうという目標があってもいいと思う。そのひとつの手法として このような劇活動を使ってもいいのではないか。相手がいて、その呼吸がコミュニケーション力を作っていくし、それが学級経営の基本となる。
・ゼミで話をするならば、書き方の話も必要。やはり、たくさん書いてきた人でなければ書けない。が、 それを言っていると難しいので、実践している人たちがミニ脚本を提出することがあってもいいと思う。


◆今年度の教養講座

・児童劇団でできるような長い脚本を作るための勉強会
  小川先生の脚本をもとに小川先生に来ていた だいて、話をしていただく。

2010-05-22

5/18 実践研究会活動報告

今年度最初の実践研究会。まずは雰囲気だけでも。

2010-05-17

夏期大実行委員会


「第58回演劇教育夏期大学」に向けた実行委員会の、第一回の打ち合わせが行われました。今年も充実した内容にしようと、活発に意見が飛び交いました。夏期大の詳細についてはここで順次お伝えしていきます。

2010-05-10

5/8 翠会活動報告

期日 :平成22年5月8日(土) 14:00〜
場所 :成城学園初等学校 小会議室
参加者:北島、岡、金平、川西、木村、久保、瀧川、土井、長谷川、蒔田、宗方、山本(留)、遠藤 計13名
 今年度最初の翠会は、13名が参加しました。

○ 相談 宗方さんより
 12月に行われる特別支援学級の発表会に向け、中学1〜3年生の11名で発表できる作品を作りたいというご相談でした。4名の3年生を中心とした卒業の思い出話や自分たちの成長がわかるようなお話にしたい、というところが出発点となり、話が進みました。
  • 一緒にお話を作っていく、という取り組みはどうか。
  • 投げかけによって子どもたちの興味を引き、コミュニケーションを深める。その中から一緒にやってみたいという想いをもたせたら良いのでは。
  • 子どもたちがやりたい役を聴き、そこからお話を作ってみては。
といったように、特別支援学級の生徒が積極的に取り組める作品を作るためのアイディアがたくさん出されました。今回の話を元に、次回以降でプロットを作って持ってくることになりました。

○人形劇脚本「もりのなかまたち」「みんななかよし」
 2本目は岡さんの人形劇脚本。特別支援学級の1〜6年生の児童11人で発表する人形劇の脚本と、昨年度上演した脚本を紹介していただきました。
  • 人形劇ならではの、人形だからこそなんでもできる点をどんどん活かしたい。
  • みんなで一緒に言うセリフがあると、子どもたちは活きてくる。
  • 幕切れを歌だけでなく、言葉のリズムで終わっては?
  • ひな壇を二重にして、人形だけでなく人間も出演したり、仮装大賞のようにしたら面白いのではないか。
といった意見がでました。

○人形劇脚本「赤神と黒神」土井さん
 東北地方に伝わる神話を元にした松谷みよ子原作のお話を、夏期大の「教師による劇上演」のために人形劇用の脚本に起こしています。
  • 赤神のキャラクターに対して黒神のキャラクターが見えない。
  • 「かわいい」という言葉の捉え方がいろいろある。女神が「かわいい」といって負けた赤神についていくのはどうか。
  • ナレーターを神様として登場させては。
  • 民話が大元なので、不条理な部分もあるが、その元を大切にしたい。
  • 寸を詰めて赤神と黒神の戦いや、地面が割れる場面を見せ場に持ってきたい。人形劇だからこそできる舞台を見せたい。
舞台の装置も含め、夏期大に向けていろいろお考えのご様子でした。夏期大の上演が楽しみです。

○相談 瀧川さん・遠藤
 瀧川さんと遠藤は、今年度5年生でペアを組んでいます。国本小学校では毎年3月に学芸会を行っています。5年生が最後の舞台ということもあり、ここにに向けて脚本を書こう、ということになったのでそのための相談をさせていただきました。両名とも初参加の翠会ということでどのように相談を持っていけばよいのか、すらわからない状況でしたが、実際いろいろなお話を聞きながら脚本を書くヒントを頂くことができました。なかでも脚本を書くには何でもいいのできっかけを見つけること。言いたいセリフや使いたい歌があったり、アイテムがあったり、伝えたいテーマがあったりと、まずはそこからスタートすることを学びました。その上で子どもたちの意見を取り入れたり、我々から子どもたちの見せたい姿を描いたりして肉付けをしていく。私たちは本当に脚本を書く最初のステップから学びたかったので、大変勉強になりました。最後に北島先生がおっしゃった「ショーとドラマは違う」ということも、これから脚本を書き舞台を想像していく上で大変参考になりました。
(文責:遠藤)