トップページ

2010-08-27

夏期大報告「第2分科会」

第2分科会 「脚本を使った劇の上演活動(1〜3年)」
担当:百合岡依子 野口祐之 遠藤優

 第2分科会に集まった20名の仲間たちは、みんな明るく個性豊か!和やかかつ笑いの絶えない楽しい会となりました。ゲームの達人・遠藤さんによる楽しいゲームの数々と『まつりの太鼓』(一場面を使っての群集処理)、怪演技?で常に皆をリードするベテラン野口さんによる『げんきもりもりいただきます』(グループ即興劇をつないで劇をつくる)、我らが大先輩・蓑田先生による小脚本を使った劇作りと劇活動の意義についてのお話。そして、私百合岡が担当したメインの『あいうえおげきじょう』では、色々な遊びを元にした劇作りや上演に向けての活動を三日間通して行いました。
 美しい3部合唱が出来た「あいうえおの歌」、ノリノリの「あいうえおラップ」、言葉集めとジェスチャークイズ…とまさに「あいうえお」づくし!特に盛り上がった「あいうえおかるた」では、「インディアン いくらを食べて いい男」「ウルトラマン 梅酒を飲んで 歌いだす」「駅前で エスカルゴごっこ えらい変」など奇想天外なものが次々飛び出し、驚きと爆笑の連続!5・7・5と文字の縛りによって生み出される意外性は、自由で柔軟な発想をもつ低学年の子どもたちにはまさにぴったりの活動だと改めて思いました。最後に・・・第2分科会に参加して下さった皆さんをはじめ、会員としてがっちり支えてくれた大手さん&坂田さん、笑顔で見守って下さった蓑田先生、優しく頼もしい担当者・野口さん&遠藤さん、皆さんに感謝!!

かるい仲間の
カした発想
れしい楽しい劇作り
がおいっぱい
なかいっぱい

♪ステキな第2分科会♪
【文責・リリー百合岡】

2010-08-15

夏期大報告「第1分科会」

第1分科会「学級づくりのための劇あそび・劇活動」

~動き出す身体 開かれた心 子ども達の笑顔が溢れる教室 劇活動で豊かな生活の場を!~

担当:林 池田 川窪 澤田

 総参加人数37名!体も心も解放されるゲームに始まり、「○○な××」の即興劇、絵本や『歳時記』を用いた国語の学習に活かせる劇活動、わらべうた、手話ソング、道徳朗読劇「千羽づる」やアプライドドラマ「リア王」など、実践研究会で私達が学んできた内容を凝縮して参加者の皆様と共有する事ができました。大ヒットは『クワガタ音頭』♪です。「ぁのって ぁのって ぁのってのってのってのって 1234 2234 私もクワガタ あなたもクワガタ ぁガシ ぁガシ ぁガシガシガシガシ・・・」 

 参加者の皆様の言葉 ~フリートーキングより~

「みんな待っててね!!!」
「早く子ども達に会いたくなった」
「頑張ろう↓より、やってみたい!↑と思った」
「新しい発見がたくさん!」
「元気を充電できた」
「クワガタ音頭を早く実践したい」
「この分科会のメンバーが職員室のメンバーだったらいいのに・・・」
「ハイテンションパワースイッチオン!」
「見ず知らずの人と新しい物を作れる喜びを味わって嬉しい」
「子どもに戻れる時間だった」
「会員の進化を感じていた。(10年ぶりに参加して)」
「若返った」
「普段できない事(わらべうた等)ができてよかった。」
「どんなに緊張していても、関わっていく事で自分が出せる」
「心が解放された」
「今まで劇は苦痛だったが、負の感情よりも楽しみの要素が大きくなってきた」
「自分がバカになってさらけ出す事って大事」
「熱い人・温かい人が沢山いて刺激になった」
「学級にどう生かそうか考えた」
「自分が弾けられた」
「宝箱のような時間だった」
「夏期大と言えば・・・つながり!コミュニケーション!出会い!わき出る笑顔!・・・」他・・・

参加者の皆様 ありがとうございました☆ また来年、お待ちしています!!


【文責 澤田】

2010-08-09

「和太鼓の夕べ」へのお誘い

○8月15日(日) 午後4時~5時
○富岡八幡宮境内
○最寄駅 門前仲町 駅内の表示(分かりやすいです)に従って3:30に現地集合

東京の三大祭の深川のお祭の奉納太鼓です。 演奏する「葵太鼓」お社から奉納太鼓を託さた太鼓グループです。3年前には熱気球とのコラボ演奏、鬼太鼓座とのジョイントも成功させたアマチュアでは国内トップクラスの太鼓集団です。 夏期大で叩いた「三宅」や「秩父」の演奏もあります。蝉時雨が染み渡る風情溢れる神社の境内で、しばし、太鼓の響きに胸を躍らせるのはいかがでしょう。よろしかったら、お出かけください。

林久博

2010-08-07

また成城でお会いしましょう!

 あっという間の3日間。1日目はアップしましたので、2日目以降のことを少々。



 2日目は「会員による和太鼓演奏」でスタート。「ことしのなつはくっそあつい!」にあわせて叩くリズムと、『大太鼓〜秩父屋台囃子〜ぶちあわせ太鼓〜三宅〜桶太鼓』と続くメドレーに会場はヒートアップしました。劇作の会では和太鼓を実践研究会で実習しています。今年の曲も、実践研で積み重ねてきたものをまとめたものでした。ご興味をお持ちの方はぜひ実践研究会に足をお運びください。
 和太鼓の演奏で目覚めたあとは、およそ半日たっぷりと、各分科会での実習でした。ここでの様子は各担当者から後日お伝えします。



 午後4時からは「会員による劇上演」でした。今年は「Socks Puppet theater」。靴下から生まれた人形たちによって「おてがみ」「おたまじゃくしはかえるのこ」「新編:かさこじぞう」の3つの素敵な世界が広がりました。劇を子どもたちにやらせるだけでなく、教員自ら演じることで本当にいろいろと学ぶことがあります。今年で4回目の教員劇も大成功に終わりました。来年はどんな劇を観れるのか、今から楽しみです!
 みんなで劇を観たあとは、各分科会ごとの交流会が行われました。劇の話、学校の話だけでなく、さまざまな話題で盛り上がったようでした。

 最終日の3日目は分科会からのスタート。分科会同士が3日間の成果を発表しあう、分科会発表会が盛んに行われていました。そして「わかれの集い」ではスライドショーを観て3日間を振り返り、9月からのそれぞれの活躍を誓いあいました。
 3日目の午後は特別講座「和太鼓実習」も行われました。和太鼓初体験の方も多かったようですが、今年の夏の暑さを吹き飛ばす、昨日の和太鼓演奏に負けない音が響き渡っていました。

 参加者のみなさま本当にありがとうございました。この夏期大で得たものを、ぜひ9月から子どもたちに伝えて行ってください。そして定例会・来年の夏期大と、また成城でお会いしましょう!

2010-08-05

夏期大初日

 今日から始まった夏期大。児童による劇上演に始まり、各分科会、そして人形劇団ひとみ座の中村孝男さんによる講演会と、あっというまの1日となりました。その様子などは改めてアップしていきます。

<8月5日現在の参加者>
150名
内訳
(一般参加者91名+会員50名+事務局9名)

 2日目からの参加も受付ております。ホームページからのお申し込み、または直接成城学園初等学校講堂の受付にお越しください!

2010-08-04

いよいよ夏期大! その2



 いよいよ明日から始まる「第58回演劇教育夏期大学」。今日は会場となる成城学園初等学校で、前日準備を行いました。事務局では一般参加者の方々をお迎えする準備を整え、各分科会では内容を最終確認。さらにはオープニングの演出や、教員による太鼓の演奏、そして人形劇のリハーサルも行われました。準備万端で迎える夏期大。3日間が、参加者一人一人にとって必ずや実りある時間になることでしょう。夏期大を、どうぞお楽しみください!

2010-08-03

いよいよ夏期大!


 第58回夏期大がいよいよ二日後に迫ってきました。人形劇、和太鼓の練習も着々と進んでいます。和太鼓はいろいろな曲をメドレーでお楽しみいただけます。夏の暑さを吹き飛ばす和太鼓を、どうぞお楽しみください!