トップページ

2010-08-27

夏期大報告「第2分科会」

第2分科会 「脚本を使った劇の上演活動(1〜3年)」
担当:百合岡依子 野口祐之 遠藤優

 第2分科会に集まった20名の仲間たちは、みんな明るく個性豊か!和やかかつ笑いの絶えない楽しい会となりました。ゲームの達人・遠藤さんによる楽しいゲームの数々と『まつりの太鼓』(一場面を使っての群集処理)、怪演技?で常に皆をリードするベテラン野口さんによる『げんきもりもりいただきます』(グループ即興劇をつないで劇をつくる)、我らが大先輩・蓑田先生による小脚本を使った劇作りと劇活動の意義についてのお話。そして、私百合岡が担当したメインの『あいうえおげきじょう』では、色々な遊びを元にした劇作りや上演に向けての活動を三日間通して行いました。
 美しい3部合唱が出来た「あいうえおの歌」、ノリノリの「あいうえおラップ」、言葉集めとジェスチャークイズ…とまさに「あいうえお」づくし!特に盛り上がった「あいうえおかるた」では、「インディアン いくらを食べて いい男」「ウルトラマン 梅酒を飲んで 歌いだす」「駅前で エスカルゴごっこ えらい変」など奇想天外なものが次々飛び出し、驚きと爆笑の連続!5・7・5と文字の縛りによって生み出される意外性は、自由で柔軟な発想をもつ低学年の子どもたちにはまさにぴったりの活動だと改めて思いました。最後に・・・第2分科会に参加して下さった皆さんをはじめ、会員としてがっちり支えてくれた大手さん&坂田さん、笑顔で見守って下さった蓑田先生、優しく頼もしい担当者・野口さん&遠藤さん、皆さんに感謝!!

かるい仲間の
カした発想
れしい楽しい劇作り
がおいっぱい
なかいっぱい

♪ステキな第2分科会♪
【文責・リリー百合岡】

0 件のコメント:

コメントを投稿