トップページ

2011-02-28

2/15 実践研究会 定例会報告

【期日】2月15日(火)18:30〜
【会場】成城学園初等学校
【参加者(敬称略)】 遠藤・加藤・木村・澤田・瀧川・野口・蓑田(7名)

 今回は皆さんお忙しいからでしょう、19時を過ぎても集まったのは7人。少ない人数での定例会になりました。しかし、いつもながら明日につながる活動になったことに、かわりはありません。学芸会シーズンということもあり、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

1、実践報告  野口 祐之先生
「演劇クラブ・ダンスクラブ合同公演『コスモレンジャーゴー!ゴゴー!』」


 まずは、私学半日研修会で上演された『コスモレンジャーゴー!ゴゴー!』の実践報告をしていただきました。演劇クラブ6人、ダンスクラブ11人で作り上げた劇をビデオで上映していただき、その後、練習での苦労話、工夫点等を話していただきました。
 今回の劇に関して、野口先生が工夫したことは、「子どもたちの良いところを見出し、認めて褒めていくこと」。これを心がけたことで、子どもたちは、意欲的になり、教師も明るく前向きな気持ちになり、双方が楽しく劇にのぞむことが出来たそうです。
  苦労した点は、「全員がそろう時間を作ることが難しかったこと」「スタッフ制度が学校行事のように確立していなかったこと」など、学校全体で取り組むこと でないからこそ出てくる悩みが挙げられました。しかし、この点に関しては、冬休み中に時間を二日間作ることによって、解決したそうです。冬休みを利用した ことで、劇だけにしっかりと集中できたことや多学年の子どもの交流がより密になるという利点も得ることが出来たそうです。
 また、ダンスクラブの先生も野口先生同様子どもを褒めてのばしたいという気持ちを共通にもっていたので、指導においては明るい雰囲気でできたとのことでした。

  実践報告に対して、「既存の台本を使うのではなく、少ない人数にしかできない台本を用意する。」「種類の異なるダンスを劇でつなぐ。」など「クラブでしか 出来ないことをやることに意味がある。」という意見が出ました。また、野口先生が劇練習のときに常に出している「劇通信」に対して、子どもたちが何をやっ ているのか分かりやすくて良いという意見もたくさん出ました。保護者にとっても、うれしいですよね。
 本番当日は、子どもたちはみんな自信とやる気を出して、輝いていたとのことでした。いろいろ輝く場所があるって、素晴らしいです。

2、実践報告 澤田麻美子先生
「学習発表会3年総合『ライス イズ ワンダフル』」

 次の実践報告は、クラブ講演とは、うってかわって96人の児童をみんな平等に出演させ、しかも20分以内に必ず終わらせなければいけないという厳しい制約の中で行われた発表。通常は、動きの少ないプレゼン発表になりがちなものを何とか変えようと試みたそうです。しかし、三クラスを合同で練習させる時間と場所が制約されていることや、児童の調べた内容が多岐に渡るためそれを集約しなければいけなかったこと等多くの問題があったそうです。
 「動きとしては、面白く観客を飽きさせない工夫がたくさん施されていたが、内容が多すぎる」「子どもが調べたことをまとめただけでは、劇にしない方が分かりやすい」等厳しい意見も出ました。しかし、「だからといってここでただの発表にしてしまっては、「劇」そのものがなくなってしまうので、何とか劇を残す工夫をしてほしい」という意見が多かったです。
「ストーリー仕立てにして、起承転結を作り、その中で出題するクイズ等を、子どもたちに考えさせる。」という意見が解決策として出されました。厳しい制約の中で学校劇を作り上げる工夫は、今後の私たちの課題になっていきそうです。

次回の実践研究会は3/26(土)年間予定では「実践ツアー」となっております。詳細については判り次第、ホームページでお知らせいたします。


【文責:瀧川】

0 件のコメント:

コメントを投稿