トップページ

2012-07-04

6/16 実践研修会 定例会報告

【日時】6月16日(土)15:00~18:00
【会場】成城学園初等学校 社会科教室
【参加者】芦澤、一幡、遠藤、岡、加藤、金岡、上浦(新)、川窪、河原、野口、林久、保坂、蓑田、森公、森真二、森谷、百合岡、山本茂、吉羽(計19名)

【内容】平成24年度演劇教育夏期大学 3分科会実習&提案

 本日も盛況なり。大盛況なり。運営委員としては本当にうれしい限りである。やはり夏期大の力は大きい。「夏期大には来られないけれど、先に味わえるなら絶対来たい!」という方も多くいらっしゃった。充実の定例会!お知らせします。

1.第4分科会人形劇「We love ソックスパペットシアター!」(岡信行さん) 今年も人形劇は進化を続ける!皆さんの驚きと歓声の中、即実習が始まりました。岡さん作の公立学校特別支援級用の人形劇「もりのひろばはおおさわぎ」靴下人形を使っての脚本です。

【参加者の声】
①第1話「お鍋星人が!やってきた」
・新しい素材(鍋)・ここまで進化
・なぜ、お鍋?お鍋をどう生かすか。
・脚本の内容より、ここで話し合うべきは、演出法や参加者の立場で考えることではないか。
・靴下人形+家庭用品(お鍋)で新しい世界
②第2話「やさいなんて、だいっきらい!」
・歌に合わせて、揺らすだけで十分いい
・以前文房具などに目を付けるだけで人形として十分だったが、今回もそう、簡単でいい。
・以前作った人形は今なおかわいがられている。・顔を隠さずに堂々とできるところが安心。

 やはりモノ(人形)があるって演じる上で安心!楽しい!昨年人形劇分科会に参加された森真二さん(校長)は、自作の見事なジャック・スパロウを持って参加!人形って愛着がわく。毎年継続していきたくなる活動だなあと強く感じました。夏期大、大期待です!

2.第5分科会朗読劇「ぼくたちだってできるさ!お話を立体的に表現できる朗読劇」
(山本茂男さん、百合岡依子さん)

 すっかり夏期大の分科会で定着した感のある朗読劇!教室での児童の様子がありありと目に浮かぶ提案でした。担当者の百合岡さん、山本茂さんの指導にすっかり子どもに戻った我々でした。→(真剣腹式呼吸の巻)

【参加者の声】
①百合岡さんの体ほぐし法
・体ほぐし具体的です。「背骨1本1本をくみたてていくように」まるで整体師の言葉です。
・「ろうそくを10本一気に消すように吹く」「今度は1本ずつ消して」腹式呼吸を実感できました。
②「笑い上戸のサイは空が好き」工藤直子の詩歌から朗読劇実習
・読み込みに時間がかかる。実際15分でというところを我々は25分かかった。参加者ならなおさら。
・この前に軽い内容で馴らしては→そのつもり
・何を目的にするかによって、台本を渡すか、渡さないかが変わってくる。・「とにかく動いてみよう」→台本渡して、朗読劇の構成を楽しむ
「すべて工夫させよう」→台本渡さず、グループごとにできるバリエーションを楽しむ
と意見は尽きなかったが、たくさん意見が出るということは提案に価値があるということ。まんまと載せられ時間オーバーまで話し合いは続いた。あー当日の提案の仕方が観たい!と思える提案でした。

3.第1分科会学級つくりのための劇活動
「動き出す身体 開かれた心 子どもたちの笑顔が溢れる教室 子どもたちの生活を豊かにする劇活動」(林久博さん)


 林さんのクラスの子になりきっていた自分たちに気付いたのは実習後。なんて楽しい学びの場。大人の贅沢な遊びだ。運営マネージャーの自分が時間度外視で浸りきってしまった。

【参加者の声】
①呼応の副詞で劇を創る(「ちっとも~ない」「どうか~してください」という定型を使って劇活動、それをクイズで)
・決め台詞があると作りやすい、わかりやすい、だれでも可
・体をくぐらせて理解する、を実感。こういう学習いいなあ。
・当日夏期大では、のちに蓑田先生の理論補足があり、ということでさらに学習の中での劇活動の効果に説得力を感じる。
②絵本「とりかえっこ」で劇遊び

《次回予告》次回の実践研究会は、夏期大で少し間が空きますが、9月8日(土)15:00~17:00です。
【内容】
小林幸子さんの「公立・私立どんなクラスだって盛り上がるゲーム集」 
金岡香恵さんの「多忙な毎日の中を工夫して、あなたもできる日常劇活動実践報告」
遠藤優さんの「子どもたちを劇が創れる体にするインプロ(即興)ゲーム実習」(変更有)の3本です。新生定例会3発目!この日は夏期大明けの土曜です。新たな思いで日常にも劇活動を!皆様のアンテナを刺激する内容でお待ちしています。ただいま定例会大沸騰中!その熱、再び!
【文責 森公洋】

・低学年・高学年・大人、その年齢に合った内容の劇遊びができそう。話し合いの時間を削ってしまうほど、大人げない人たち(森含め)が何パターンも劇を創ってしまいました。でも後悔はしてません。だって純粋に楽しいんだもん!楽しみたいんだもん、大人だって、この40分間だけで、自分のクラスで実践してやる!待ってろよ!と燃える気持ちが湧きました。
「楽しい時間はすぐ過ぎます」あー楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽楽!劇への思いがある人が集まれば、エネルギーと快の連鎖が生まれます!とにかく夏期大に行こう!

0 件のコメント:

コメントを投稿