2012-08-25

【夏期大報告】第5分科会「朗読劇実習」


【担当:山本・中村・百合岡】

○ねらい:授業等で生かせる朗読劇を実習する。 
○音声表現の幅を広げ、発表会に向けた朗読劇をつくる。

○主な流れ
第1日目(10:30~12:00、13:00~14:15)
①楽しく気持ちよく声を出そう、心と身体をひらくゲームをしよう
②詩を楽しもう
・ボイスリズムなど

第2日目(9:30~12:00 13:00~16:00)
①身体や言葉を通して表現するゲームをしよう
②説明文やコラムを立体的に表現しよう
・国語教科書の説明文を朗読劇に
・「天声人語」を立体的に読もう
③朗読劇の実習
・台本「手ぶくろを買いに」をもとにして
④朗読劇を発表会用に構成・演出しよう①

第3日目(9:30~13:45)
①朗読劇を発表会用に構成・演出しよう②
②発表に向けて練習しよう
③フリートーキング・分科会まとめ

○参加者の声
・「言葉を生き生きと表現すること」を考えながら過ごした3日間。同じ意識を持っている先生方と一緒に活動できて、とても楽しかった。
・普段の教室で使える表現ゲームから、朗読劇まで、本当に中味の濃い内容であった。子どもがいつの間にか大きな声を出してしまう、表現したくなってしまうゲームがよかった。
・子どもたちと楽しめるアイディアを沢山いただいた。説明文を立体的に読み解く活動がとてもよかった。
・心と身体を開くゲーム活動は大切だと改めて思った。そのおかげで、活動全般、やりやすくなった。
・リズムにのった読み方や、立体的な読み方など、ただ音読しただけではあきてしまいそうなものも、アプローチの仕方によっては子どもも楽しく何回もできるのではないかと、学ぶことができた。
・プログラム全て、ものすごく楽しかった。本当に充実した3日間を過ごすことができた。感謝の思いでいっぱいです。トシさん、ユーモラスで、場が和みました。おもしろくできたのは、トシさんのおかげです。リリーさん、音楽の先生かと思ったくらい、ピアノと歌がすごく上手でした。やさしく、ていねいに教えてくださって、感謝です。また教えてください。ヤマさん、一番お世話になりました。飲み会をさそってくださったおかげで、こんなにも充実した時間を過ごすことができました。本当に楽しかったです。また来年も参加したいです。

※参加者のみなさまへ…こちらこそ、感謝感激です! また来年、また毎月の定例会でも、お会いできますように。この夏、サイコーの思い出、ありがとうございました。
【文責:中村】

0 件のコメント:

コメントを投稿