2012-09-03

【夏期大報告】第2分科会「脚本を使った劇の上演活動(1~3年)」


【担当者】野口祐之 藤本博子 森公洋

「楽しく元気に劇を創ろう!みんなのアイデアいただきます!げんきもりもりいただきます!」

◆ねらい  子どもの主体性を生かした上演活動
・意欲あふれる表現を引き出す劇あそびや劇活動を体験する
・発表会(学芸会)上演までの指導のポイントを体験する
・児童の生活に根差した脚本から、人数、規模に合わせた劇づくりをする

○主な流れ
1日目
1.出会いのゲーム・・・初めて会った人同士とは思えないほど、安心して手をつなげる雰囲気になりました。「おーちたおちたNEW」「待ち合わせゲーム」で心と体も開放されました。
2.テーマソング・・・トランプゲーム「わたしはだれでしょう」ですっかり体をほぐした後、劇中歌「げんきもりもりいただきます」を楽しんで歌いました。さすが先生方!すてきな歌声でした。
3.脚本のコンセプト・・・「食」に関するブレインストーミングでイメージを膨らませました。

2日目
1.コミュニケーションゲーム・テーマソング・はじめの劇活動・・・今回オリジナル仲間集め「やさいばたけへ行こうよ」と劇中歌で目覚め、「シャッターチャンス」「5秒間立体ビデオ」「即興劇」と段階的にレベルアップしていく劇活動を体験しました。皆さん芸達者!大爆笑!
2.上演に向けて㈰・・・野菜のおもちゃを片手に一言!「私は玉ねぎ!辛い私と甘い私、どっちがお好みかしら?」飛び出す飛び出す野菜の気持ち。すぐに劇になりそうでした!
3.国語教材を使って・・・説明文「ほたるの一生」をグループで劇化。劇化することにより楽しんで理解も深まることを体感しました。
4.上演に向けて㈪・・・子どもの好き嫌いが多い食べ物たちが食べてもらうためにCMづくり。

3日目
1.コミュニケーションゲーム・テーマソング・・・協力ゲーム「チョコレートリバー」で仲間との絆を深め、劇中歌をなんと会員の水上さんが見事な生伴奏!歌も大盛り上がりでした。
2.上演に向けて㈫・・・舞台での演出を考えました。オープニング~グループCM~劇中歌とつなげ、発表に関する指導を一緒に体験しました。子どもの気持ちがよくわかる、と皆さん。
3.上演に向けて㈬まとめ・・・舞台でのリハーサルも終え、時間もばっちり。舞台上がこんなに緊張するとは。体感することにより、子どもへの声掛けも説得力のあるものへ。さあ、本番です!

○参加者の声
・リラックスゲームで心も身体もリラックスしながら仲間ができていく不思議な体験でした。上演のためのステップを体験できたことをこれからに生かしていきたいです。
・遊びの中から創る劇は一人一人のアイデアが詰まっていて、とても素敵でした。
・劇は「プレイ」「チームワーク」が大切であること、そのために心ほぐしや表現につながる活動を日常に取り入れ、本番へステップアップさせていくことを楽しく学ばせていただきました。

-などなどありがたいお言葉を多数いただきました。担当者一同感謝申し上げます。充実の3日間をありがとうございました。またお会いできることを楽しみにしております。ワカメ♪
【文責:森公洋】

0 件のコメント:

コメントを投稿