トップページ

2012-10-29

10/12 脚本研究会 定例会報告


【日時】10月12日(金)19:00~ 
【場所】成城学園初等学校にて
【参加者】橋本、池田、木村、百合岡、加藤、野口、久保、岡、保坂

『ひのかげ村の生き地蔵』
作:加藤 陸雄


<あらすじ>
 川の氾濫に見舞われたひのかげ村にぶらっとやってきた久蔵は、生き地蔵として村をまとめてほしいと頼まれる。地蔵さまとして信頼されている久蔵の言うことだったら村のみんなも聞くに違いないと。


<作者から>
 6年生用脚本。一番大事なシーンを主役を見せないで、見ている村人たちだけの会話で説得力があるか意見をもらいたい。

・何で久蔵だけが残るのか?みんなで力を合わせないといけないのに、無理がある。土嚢が完成して戻っていくが、一部壊れたのを気付いて戻る方が流れる。
・なぜ、久蔵は助けたのか?という説得力が今一つ。
・久蔵は本当はお地蔵さまだったという設定だとおもしろい。
・久蔵が村を好きになる要素がどこにあるのか。もう少し書いた方がいい。
・久蔵を理屈っぽくしてしまうとつまらなくなってしまうので、頼まれると断れないとか、お人好しな人にした方が受け入れられるのではないか。
・逆に久蔵をすごい悪人という設定にして、村長が捕まえて、最後のチャンスをやるような設定にしてはどうか。村人を助けているうちに情が移ってくる。
・だましたことに対する答えがない。村長が村人に対して謝る場面など。
・久蔵が流れものだということをはっきりと出さなければならない。
・地蔵堂はあるが、地蔵さまは今はいないという設定。最初からなかったという設定でもよい。
・衣装が難しい。そこまで昔に遡らなくても明治初期くらいの洋服でもいける。
・地蔵堂ができた訳を話しているシーンから始まれば、終わりもうまくいきそう。

『どんぐりひろばは おおさわぎ』
作:岡 信行

第1話「おなべ星人がやってきた」

<あらすじ>
 どんぐりひろばで、動物たちが遊んでいるとケンカになってしまう。そこに、UFOに乗ったおなべ星人が登場する。おなべ星人は地球の生き物が仲よくしていなければ地球を征服すると言う。そこで、動物たちは、いいことを思いつく。


第2話「やさいなんて、だいきらい」

<あらすじ>
 どんぐりひろばで、せっかく野菜を育てたのに、その野菜を嫌いな動物たちがいた。そこに野菜の神様が現れて、野菜嫌いの動物たちをアオムシに変えてしまう。



第3話「かいじゅうなんかこわくない」
<あらすじ>
 どんぐり広場で動物たちが遊んでいると怪獣がやってくる。怪獣は、脚にとげが刺さっているが、手が届かないので抜いてほしいという。動物たちは、我慢する、ダイエット中だから、お肉が嫌いだからという怪獣の言葉を信じてとげを抜いてあげる。

<作者から>
 前に書いたものを見てもらい、いくつか指摘を受けたので書き直したが、あまり変わっていない部分も多い。

・どんぐり鍋だとあくが強いので、ゆでて食べようよくらいでいいのでは?
・アオムシになったら野菜が好きなのは当然で元に戻ったらやっぱり嫌いなのでは?
 食べている途中で戻ったらそのまま食べ続けてもおかしくない。
・食べている途中で戻るのは神様が戻さなくても自然にいつの間にか戻ってもいいと思う。
・かいじゅうが「お肉嫌いだから」という言葉はなくてもいいのでは?「お腹がすいちゃった」でみんなが逃げていく理由と矛盾する。
・「ふとっちゃったから」という言葉はない方がいい。
・アオムシになったとたんに見つかって追いかけっこをして、お腹がすいて、野菜を食べているうちに元に戻っているという設定。
・「どんぐりひろば」というタイトルはよい。
・タイトルをもう少し考えてもよいのでは。

『ウオッシュさんとみんなのごきげんな毎日』
作:野口 祐之

<あらすじ>
 ウオッシュさんは、洗濯屋だが、何でも洗濯してきれいにしてしまう。そんな洗濯屋のウオッシュさんの前を足早にピョンタが通り過ぎていく。

<作者から>
 人形劇として書いた児童劇作に載ったものを書き直した。学芸会に向けて、ピノキオを夏休み中に書いたが、学校に来ない、さぼるという内容が多く、再検討した。そこで、ウオッシュさんを書き直してみた。

・人形劇を脱しきれていない。
・太陽と雲のシーンをどうするか?バトンを上げたり下げたりする。
・クライマックスはどこ?ピョンタが変わるシーン。
・そのクライマックスを舞台上で見せたい。
・ピョンタの気もちが変わる理由が弱い。
・前半部分が長い割には動物たちとウオッシュさんの関係が見えない。もう少し簡潔にウオッシュさんの役割と動物たちのと関係を見せたい。
・ピョンタしかできないことを見つけた。足が速いだけだったら、他にもいる。
・もっとウオッシュさんに活躍してほしい。
・4年生でやるのが難しいかも。大人が演じればおもしろいが子どもがやったらどうだろうか。人形劇だったらまだできると思う。人間がやったら観客も苦しいかもしれない。
・ウオッシュさんとかかわると、服だけでなく心も洗われるようなストーリーにするとよい。
・ダンスのチームだけ2チーム出てきてもつまらない。もっといろいろな事件があってもよい。
・もやもやしている人がウオッシュさんとかかわるとすっきりする。
・明日が入学式という設定が話を狭くしてしまっている。
・ウオッシュさんはピョンタがなぜ勉強しているのか分かっているが、それだけに囚われてはいけないということを分からせるというところがドラマになる。
・題名はもう少し工夫したい。
・いろいろな登場人物をすべて書こうとすると何が何だか分からなくなってしまうので、ストーリーはしぼったほうがよい。
・ウオッシュさんの世界が面白いので、生の人間がやるとその世界では済まないので、そこを何とかしていかないといけない。
【文責:池田】

<次回予定>
11月16日(金)7:00~ 木村、池田、小宮
12月8日(土)(翠会合同)

0 件のコメント:

コメントを投稿