2013-01-28

加藤陸雄のニューヨークひとり旅【その3】


8月11日PM2:00 「STOMP」

今回の報告は劇ではありません。打楽器パフォーマンスの舞台を2本観てきました。「STOMP」・・このチームは日本にも何度か来ています。私は本当に大好きで、来日するたびに観ています。このポスターのように大きなゴミバケツのフタをたたき合ったり、デッキブラシで床を叩いたりこすったりして音とリズムを作るんです。身近な物を使って様々な音を作り、ノリのいいリズムに仕上げて舞台に上げてくるのが「STOMP」というチームです。その彼らの本拠地がこのニューヨークにある「オーフレイムシアター」なんです。「本場のストンプを観るぞ!」それが今回の旅のもう1つの楽しみでもありました。
 ワクワクしながら座席に座りました。彼らは言葉を発しません。リズムとパフォーマンスと表情で観客をグイグイ引っ張り、大いに笑わせてくれるんです。あの表情ととぼけたしぐさは日本人にはできないものだなあと思いました(日本人がやったらわざとらしくて見ていられないでしょう)。おなじみのデッキブラシに始まり、ボディーパーカッション、こん棒、ビニール管、ゴミバケツ、新聞紙、ライター、ドラムカンにキッチン流し台・・・それらが彼らの手にかかると見事な楽器に変身し、実に気持ちのいいリズムを生み出すのです。しかも以前見たそれらよりも数段バージョンアップされていました。観てよかった!最高の舞台でした。
 そしてもう1つ。今回のビッグサプライズは・・・上のポスターの女性、名前を宮本ヤコさんといい、STOMPメンバーの中で唯一の日本人なんですが、彼女と友だちになれたことでした。


8月12日PM8:00 「COBU」

 そして彼女が主催する太鼓チーム「COBU(鼓舞)」の舞台も観ることができました。さすがニューヨークの太鼓チームです。なんと和太鼓を演奏しながらタップダンスとヒップホップダンスが入ってくるのです。こんな演奏を見るのは初めてでした。始めは「おいおい・・・」と違和感があったのですが、曲が進むにつれて馴染んでしまいました(笑)。まさに「何でもアリ」「やったもの勝ち」というNYならではのパフォーマンスでした。
 若い女性だけの6人(すべて日本人)で、太鼓のたたき方は「TAO」(現在観客動員NO1の太鼓集団)に似ていました。舞台構成もよく計算されており、緩急の着いたプログラムで好感が持てました。
 ヤコさんとは次の「STOMP」の日本公演の時にまたお会いしましょうと約束して帰ってきました。え?どうやってヤコさんと友だちになれたかって?まあまあ・・いいじゃないですか、そんなこと(笑)                              

0 件のコメント:

コメントを投稿