トップページ

2013-02-09

加藤陸雄のニューヨークひとり旅【その4】


●8月12日 PM8:00  観劇5本目『オペラ座の怪人』

 いよいよ「ファントム・ジ・オペラ」(と、カタカナで書いてしまうところが悲しい)です。チケットを片手に劇場につくと、すでにすごい人だかり。現在のブロードウェイで人気(観客動員数)NO.1なんです。入場すると座席に案内してくれる係の人が魔女のような黒い服に身を包んだ白髪のおばあさん!怖かったです。本物なのかメイクなのかはわかりませんが、始まる前からもうドキドキです。

 さて内容ですが、私は「オペラ座~」を四季の舞台で見ています。シャンデリアが落下する装置やロウソクの群れの中を船が進む幻想的なシーンにびっくりしましたが、でもそれだけでした。ですから2004年に封切られた映画版を見て、やっとストーリーがわかったという程度でした。
 序盤、シャンデリアが落ちてきます!・・驚きません(笑)。中盤、クリスティーンが切々と歌い上げます・・映画よりうまいかな。ロウソクの舟・・日生劇場の舞台の方が広い感じだなあ。などと、冷静に一歩ひいて眺めておりました。「このまま終わるだろうな。まあ、いい舞台だったということで・・」と思っていたのです。ところが!あんなに号泣するハメになろうとは・・・・。

 クライマックスシーンです。地下場面で、ファントムがクリスティーンの恋人ラウルの首にロープをかけ、「お前が俺と一緒にこの地下で過すなら、恋人を解放してやる。もし俺から逃げ出すなら恋人も殺す。どちらかに決めろ!」と言うと、クリスはファントムに近づきキスをします。するとファントムはロープの手を緩め「早く行け。2人で逃げろ!」と、2人を逃がすのです。四季の舞台でも、映画でもこのシーン「恋人を助けるためにキスをするクリス」は、好きになれませんでした。若い男を選んだクリスとたかがキスで許す安っぽいファントム・・・。

 しかし、このブロードウェイの「オペラ座~」は違ったのです。クリスはファントムにキスをします。続けて2回したんです。そこにクリスの思いがこもっていました。クリスは本当にファントムを尊敬していた。感謝していた。そして愛していた。そういう思いがつまったキスでした。それが客席にひしひしと伝わってきました。ファントムに「行け!」と言われてもなかなか行こうとせず、それどころかファントムの胸に飛び込もうとするクリス。それをやめさせ、彼女を去らせたファントム。彼はクリスの初めのキスで驚き、次のキスで彼女をしっかりと抱きしめます。キスの後、彼女を去らせてから・・・なんと!彼は泣き笑いの表情を浮かべたんです。それが私の引き金を引きました。ちょっと待て!「オペラ座~」ってこんなに切ない話だったっけ!
 ファントムは心からクリスを愛していたんです。深く愛してしまったがゆえに、このままでは彼女が幸せになれないことがわかっているがゆえに、身を引いたんです。その愛の深さ。彼の悲しさや切なさが壮大なテーマソングのBGMとともに私の心を直撃しました。涙がドドドドー。


映画では表せない、舞台の役者ならではの演技力のすごさを実感しました。舞台の上の人物と客席がシンクロした瞬間でした。周りの人たちもみな泣いてました。カーテンコールはもちろんスタンディングオベーション。「ブラボー」と叫びながら拍手しながら、私はまた泣いてしまいました(苦笑)。

2013-02-06

定例会予告!【実践研究会】


《次回予告》次回の実践研究会は、通常バージョン事務局スペシャル!

2月9日(土)15:00〜17:00

新年2発目の内容は、 
1、木越憲輝さん(事務局次長)の実習「気づくと男女が手をつないでた!クラスですぐできるゲーム特集」
2、小宮民子さん(事務局長)の報告「公立小学校の挑戦、相沢っ子発表会パワーアップに向けて」
3、加藤陸雄さん(今更ながら我らの副会長)の実習「新年叩きはじめ!みんなで和太鼓実習!(前回できなかったため)」の3本です!!

 多忙は承知、立場もきつい。だからこそ教師自身が内から喜べるものを。最近教師という仕事を考えるときの自分の基準は、「楽しんでやっているか」です。もちろん仕事は楽しいことばかりじゃないけど、子どもたちに「楽しんで学んでほしい」「楽しんで生きてほしい」と願うなら、自分たちから楽しくなる活動を創りたい。運営委員一同一緒に楽しいことを考えることのできる仲間を募集中です。皆様のアンテナを刺激する内容でお待ちしています。ただいま定例会大沸騰中!
【文責 森公洋】

【実践研究会】1月 定例会報告


【日時】1月26日(土)15:00 ~
【会場】成城学園初等学校 社会科研究室
【参加者】澤田・加藤・野口・林・吉村


1、実践報告
「手話劇 『王様の宝物』の発表について」
発表者:澤田麻美子さん

<劇のあらすじ>
 ゴッド王国のカーベン王は、大の音楽好き。国を乗っ取ろうと企む隣国の王に、大切にしているCDデッキを盗まれたショックで声を失う。魔法使いと天使たちは、王を元気づけようと立ち上がる。天使たちの尽力もあり、カーベン王は、本当に大切な宝物が一緒に音楽を楽しんでくれる国民であることに気がつく。

〜発表者から〜
 十年前に立ち上げた手話クラブでの発表。部員は13名。学校のお昼休みに行った「校内発表会」での発表。先月発表した、野口さんに倣って「クラブ通信 エンジェル便り」を発行し、活動の様子や指導者としての考えを発信し、練習中はできる限り指導者が話す時間を減らした。どうしても棒読みになる子。本番になると固くなって力が発揮できない子の指導についてもアドバイス頂きたい。
 「手話クラブ」の発表として、劇をするかどうかは、いつも子どもたちが決めている。練習は五回だけ。後は自主練習に頼っている。誉めながら指導するよう心がけている。歌の時の立ち位置や動きの流れを掴ませるために、色つきのフォーメーションの指示台紙を使って練習した。手話クラブで演じる楽しさがわかり、翌年は演劇クラブに行ってしまう子もいるのは少し複雑。何よりも、発表を通じ、子どもたちが達成感、満足感を味わうことが出来て良かった。

<討議>
・舞台の必然性として手話を取り入れることがなかなか難しい。
・みんなが知っているストーリーのアレンジのような作品の方が、観客がついてくる。⇒ところが、演劇部がそのような形式で発表しているので真似はできない。⇒同じになっても、違うテイストでやればいい。
・観客の反応がいいので、コントをやってみても良いのでは。手話ならでのコントパターンを生み出していきたい。(例)①手話で悪口を言われている。相手は誉められていると勘違いをとている。 ②なぞ掛けのようなコント「おいしい丼といえば?  天丼、カツ丼、中華丼、ヨーイドン!  ガクッ!」とか。
・マイクを使って重要な台詞は届けられるように配慮しても良い。
・キーワードをみんなに一緒に手話でやってみてから、劇を始めても良い。観客参加も面白い。いちょう座の「エン、ケラ、プン」のような感情表現を観客に当てさせるパターンも面白い。「リーダーズ・シアター形式」を取り上げて手話の劇を構成していくのも面白いだろう。
・劇としての完成度を高めるためには、クライマックスをいかに盛り上げられるかが重要。クライマックスから逆算した練習計画を立てたい。この作品では、観客を巻き込んで劇中の「国民」に仕立てて盛り上げると面白い。
・どこの学校にも表現が硬い子、台詞が棒読みになる子などはいる。「劇をする」と構えてしまっているので「普通でいいんだよ」と、声をかけでほぐしたい。何をやっても大丈夫な雰囲気を大切に、劇に取り組ませていきたい。
【文責:林】