トップページ

2014-06-03

【脚本研究会】5月定例会報告

【日 時】5月9日(金)19:00〜21:00
【会 場】成城学園初等学校 小会議室
【出席者】木村 久保 野口 森田勝 百合岡 保坂

今回は、3作品の合評をしました。人数は少なかったのですが、充実した会でした。

1年生用脚本「いいものもらった」
 ‐森山 京「いいものもらった」より‐

作:百合岡 依子


(あらすじ)森の中、たぬきの兄弟たちが遊んでいると、おばあちゃんがふろしきにおみやげを持ってやってきた。たぬきたちにおみやげを一つずつ渡すが、タンゴとポンタの分が足りない。そこで、二匹は「それをちょうだい。」と言って、ふろしきをもらう。ふろしきで遊ぶ(見立て)二匹。のねずみさんや、うさぎさんと楽しく遊ぶ。最後にでてきたのが、きのこたち。きのこをふろしきにいっぱいつつんで、おみやげに。おばあちゃんを送っていく時、雨が降ってきたけれど、ふろしきを広げれば安心。「いいものもらったね。」

【提出者から】 上演済み。小峰書店脚本集にと考えている。

【話し合いから】
・よくできている。
・とても楽しい、ほんわかとした雰囲気の作品。
・「いいものもらった」の歌があるといい。


6年生用脚本「卒業製作」
作:野口 祐之

(あらすじ)卒業製作の花壇作りの現場。冬眠のかえるが出てきて騒ぐが浩介が逃がしてやる。3時のチャイムが鳴ると、5人の製作委員(太一、純太、麻衣、あや、浩介)以外は帰ってしまう。卒業制作の提案者だが、受験を控え身に入らない太一と立場上協力している純太。麻衣の提案20分だけ作業する。踊りが出る麻衣、物知りな浩介、土いじりが好きなあや。思い出話から浩介が石を集めて壁面に飾る事を提案。麻衣のダンスでの悩みなどを話していると、時間に。太一が卒業制作の中止を提案する。その時、4年生の子が来て、上級生に対しての憧れを話す。そして。わたるが浩介の妹(ゆかり)の退院のお祝いを言う。初めて病気の事を知る一同。妹の入学を祝う為、作業再開を決意する一同。

【提出者から】 小峰書店の脚本集用。作品の構成がうまくいっていない。岩﨑先生からは厳しいコメントをいただいている。

【話し合いから】
・「テーマ」がはっきりしていない。セリフのやり取りだけになってしまっている。
・登場人物の思いを生かせたらよい。
・例えば、途中で壊れるとか、出来上がった所を幕開きにするなど、工夫の余地がある。
・そもそも卒業制作を今は、やらない。そこで、敢えて「ぼくたちの卒業制作」として、何故作ろうと思ったのか、からだとドラマになるのでは?


1年生用脚本 「さようならこいのぼり」
作:木村たかし

(あらすじ)舞台は公園。こいのぼりが何本もぶらさがっている。Aチーム出てきて「こいのぼり」(屋根より高いこいのぼり…)歌う。そこにBチーム登場「鯉のぼり」(甍の波と 雲の波…)歌う。それぞれの歌の自慢合戦をする。「決闘だ」と言った時、Cチーム出てきて応援の歌「背くらべ」(柱の傷は  おととしの…)歌いだす。決闘気分では無くなったけど、AとBが組んでCとにらみ合う。大きな雷が鳴って、こいのぼりの声が聞こえてくる。こいのぼりも一緒に遊びだす。最後は、はずしたこいのぼりと一緒に遊ぶ。雷。こいのぼりは、空に行く。3曲歌って幕。

【提出者から】 小峰書店の脚本集用。作品プロットを思いついたら、一気に書けた。端午の節句をモチーフにした童謡を生かし、遊びが一杯の楽しい舞台を描きたかった。

【話し合いから】 
・ストーリーに勢いがある。
・とにかく楽しい。
・1年生には良い作品。
【文責:保坂 弘之】

<次回予告>
6月13日(金)
7月11日(金) いずれも19時より成城学園初等学校 小会議室です。

0 件のコメント:

コメントを投稿