2014-08-18

【第62回演劇教育夏期大学】第7分科会「脚本のつくりかた」報告

マンツーマンでの創作活動
本年度の分科会の人員構成は、一般参加者2名、会員参加者5名、担当者7名という夢の人数でした。受講者にマンツーマンで担当者がつくということだったのです。



 3日間の分科会の間、全体で集合するのは、短い時間です。殆どは、受講者と担当者がひたすら話をしたり、受講者がパソコンの前でひとり産みの苦しみをしたりする時間でした。受講者の感想は、分科会報告での「つぶやき」に見られます。
パソコンを前に産みの苦しみ。

・やっとプロットが出来た。
・学校近くの歴史を紹介する構成劇の構想が出来た。
・短い脚色した朗読劇が2本出来た?
・やればやるほどわからなくなった。

 そして、すでに帰ってしまった受講者は、なんと1時間半という長編に挑戦する人と初めて脚本(脚色)を書き出した人と「ありときりぎりす」を少人数の子どもと上演しようと考えている人でした。

分科会は9月末まで続きます・・・
この分科会は、この報告が出た後も終わりません。9月30日締め切りで原稿が集められ、脚本集になった所で終了します。ですから、担当者も実は終了していません。受講者からの作品が送られて来たら、それに対してアドバイスをして返信する仕事が残っています。何という、長時間続く分科会ではありませんか。みなさんもこんな経験してみませんか。今までの人生になかった経験です。楽しいですよ。来年、お待ちしています。
【文責:木村】

0 件のコメント:

コメントを投稿