トップページ

2014-09-11

【第62回演劇教育夏期大学】第5分科会「朗読劇実習」報告

練習にも熱が入りました
○担当:中村 俊英、久保 由美子、山本 茂男
○参加者:一般13名、会員4名、担当3名 計20名

☆授業等で活かせる朗読劇を実習し、子どもに活かせる指導法を学びました。


くどうなおこさんに見て頂きました

くどうなおこさんのご紹介もしました。
(くどうなおこさんを探せ!)


参加者みなさまの声より…

・みんなでひとつのものを作りあげていく楽しさを、味合わせていただきました。子どもたちに、この気持ちを実感させられる機会をつくっていきたいと思います。
・盛りだくさんの内容、楽しいみなさまとの掛け合い、スピード感あふれる、とても濃い実習でした。授業に、子どもたちとの遊びに、これから活かしていきたいと思います。
・とても内容が豊富で、盛りだくさんで、楽しかったです。いろいろと役に立ちそうなヒントがいっぱいあり、今後の実践の参考にとてもなりました。
・朗読劇分科会に、ここ数年続けて参加しているのですが、今までで一番、言葉と向き合った会でした。台本作りや構成朗読の、奥の深さを学ぶことができました。
分科会発表会のエンディング
・色々な教材から作品をつくることができました。自分ひとりでは、イメージや解釈が不十分でしたが、周りの先生方のおかげで、豊かな表現ができるようになりました。
・実践的で、分かりやすい実習内容でした。舞台発表が2回もあったので、大変勉強になりました。子どもの気持ちがよく分かったので、2学期に活かしたいです。
・いろいろな教材を使って、朗読劇のつくり方を具体的に知ることができた。とにかく、楽しかったです。                            
【文責:中村】

0 件のコメント:

コメントを投稿