トップページ

2014-12-18

【こまの会・こんぺいとう・劇作の会】合同合評会報告

【期 日】12月7日(日)15:00~18:00
【会 場】玉川学園レストラン富士
【参加者】高橋・吉川・中山(直)・中山(玲)・柴田・安斎・近藤・藤崎・宗像・中島・藤倉・山本(茂)・金平・関・保坂・野口・木越・森田・小宮

○ あいさつ(藤崎さん、金平さん、吉川さん)  谷先生のご冥福をお祈りして、黙祷。

① 『恋するセンターダンサー』(高学年向け)
作:安齋 正則(こんぺいとう)

<作者より>  誰でも知っているダンスをモチーフにして、上演してもらえる脚本を目指して書いた。

・登場人物の関係が、初提出された(こんぺいとうで検討)時よりも整理された。始めはいじめも絡んでいたが、ダンスをしていじめがなくなる程甘い話はないので、その部分が改訂されている。
・子どもたちが喜びそうな脚本だが、ドラマ性が欲しい。悔しい思いの子、上手くなりたい子などが変化してくるきっかけや、その過程を描いて欲しい。
・「自信がない」という役の姿が一番心に残ったので、その子が変わっていく過程が欲しい。交通事故が起こることはドラマチックだけれど、それだけだった。
・事故が起きて明菜がいなくなる、そしてダンスは中止に…というように、一度落ちてしまうとか。
・登場人物は多い(36人)が、みんな同じ路線で思考が一緒である。36人全員に名前があるということは、36人の人物設定が必要だろう。中心となる人物たちをもっと浮き立たせてみてはどうか。
・「紀子」がセンターに変わる場面は、みんなの思いがぐちゃぐちゃになってくるのではないか。
・「紀子」「マサ」が後半にクローズアップされるが、前半でも二人の存在を見せておく必要がある。…二人
がセンターで踊ることを周りの子が納得するような役割、性格として描くといい。
・ダンス場面は前半と後半の違い(踊りのレベル)を出しておくと変化が見える。
・男子はダンスが下手という設定だが、男子が上手くてもいい。関係に変化が出そうだ。
・ 会話だけで進むことが冗漫にさせている。対立の構図が見えると、舞台に緊迫やテンポが生まれるだろう。→(作者より)対立の構図をもっと描いていきたい。

② 『卒業制作』(高学年向け)
作:野口 祐之

<作者より> 「ショー」ではなく「ドラマ」にと、10回以上書き直しの末仕上げた…よいものに仕上げるにはきりがないと感じている。園児役は1年生に演じてもらってはどうかと考えた。

・様子がとてもよくわかる。一つのセリフが長すぎるところがある。観客にとって聞いていてつらくない言葉のテンポは必要だろう。
・会話が巧みで、ユーモアもあり飽きさせない。計算されている。ただ、「なぜ花壇なの」からの流れが説明的すぎてまどろっこしい。
・6年生の子どもが人生を振り返るような言葉…「純太」がテーマを言ってしまうのが気になる。子ども目線でセリフを書いていって欲しい。
・「純太」の変容が突飛すぎる。「ショックを受ける三人」とト書きで表しているが、そここそ書かないと。
・ 純太があまりに変容せず、「浩介」のよさを発見するだけで十分ではないか。全体には話に引き込まれた。
・ 純太が変容しているようには思わなかった。純太の設定がサッカー好きなど「花壇」と全くつながらなければ、変容がはっきりしそうだ。             
・「花壇」が出てくる伏線が欲しい。
・学校の教室、学級会シーンを舞台でどう表現できるか。「とき・ところ」の設定が物理的に可能かどうか。
・映像で観てみたい作品。花壇に花が咲き、園児が喜んでいるという場面が最後にあると素敵だろう。
・会話が多いので、保育園シーンを和やかな場面にするために、園児と歌うのもいいのではないか。
・最後が小さくまとまった感じがする。教師目線の思いの強さか。

③『もしも ハワイが!?』
作:中山 直尚(こまの会)

<作者より> 初脚本である(中山さんは企業にお勤めです)。ハワイに日本人がたくさんいて、これじゃあ日本みたいだと思ったことをきっかけに、ハワイが日本だったら…とイメージして書いてみた。

・おもしろい。脚本には、「教育衝動」と「表現衝動」があるといわれている。教育衝動が強くなると、どんどん窮屈になっていく面もあるが、今回は、「もしも…」からスタートしたこと、一つひとつのセリフが短くてテンポがいいことで、「楽しい」というところから書かれているのがよかった。
・場面が飛びすぎるので、ト書きの書き方も勉強して書いていくと、より分かりやすくなる。
・漫画の原作のような感じがした。これから脚本を書いていく上で、この斬新さは失って欲しくない。
・人形劇脚本にすると楽しそうだ。笑い(日本とハワイの違いのおもしろさ)は子どもにもわかる。演じるというより、低学年の子どもたちなどに見せてあげる作品になりそう。
・ハワイに日本の文化が入り込む、異質なものがコラボするおもしろさがある。
・クレヨンしんちゃんの世界観。 ・いい隙間がいっぱいある。
 ・ 楽しいが、オチは欲しい。ハワイに行った、行っているつもり、夢…?つまり何だったのかがわからない。
「たろう」のハワイへの憧れをどんどん出して、たろうは満足してしまっていいのではないか。
・「見てわかる」ことを意識するといい。文字(言葉)だけで表していることが多いので。
・ 日本にも「はわい(羽合)」という地名がある。街の話にして、いろいろな登場人物が出てきて賑やかな話として書くのも楽しそうだ。
         
* 様々な意見が交わされて、有意義な会となりました。懇親会も和やかに行われ、今年も、中山さんご子息(恭寛くん・3才)の笑顔に、参加者一同癒されました。
昨年(H26)10月に、こまの会代表をされていた谷先生がお亡くなりになりました。先生がこの場にいらっしゃらない寂しさと共に、「谷さんなら、何とおっしゃるだろう」と懐かしみ、その笑顔を思い出し、先生を偲びながらたくさんの話をしました。私たちは、これからも脚本を創作し、児童文化や児童演劇をより豊かなものにしていくことで谷先生の意志を引き継いでいきたいと、思いを新たにした日でもありました。

次年度の合同合評会は、2015年12月6日(日)に実施予定です。みなさま、是非ご参加ください。
【文責:小宮】

【実践研究会】11月定例会報告

【期 日】 平成26年11月22日(土)15時~
【会 場】 成城学園初等学校 講堂・社会科室
【参加者】 一幡 加藤 金岡 川窪 木村 古賀 澤田 杉原 中嶋 (9名)
ようこそ新入会員さん♪ 今回は、杉原さん(静岡県) 中嶋さん(日野市)をお迎えしました。

1.太鼓実習 加藤陸雄さん
 
○まず基本フレーズ ♪ドン ドン ドドーン ドン を覚えます。次はABCの展開。

A 基本フレーズ×2 ・ 左でドンドンドンドン(身体を右に向ける)
・ 右でドンドンドンドン(ジャンプして身体を左に向ける) ・ 基本フレーズ×1
B 基本フレーズ×2 ・ ドン カッ ドン カッ ドン カッ カッ カッ (カッ のところは、太鼓の縁を叩きます) ・ 基本フレーズ×1
C 基本フレーズ×2 ・ ドン カッカカッカカッカ (休符)ドン ドン ・ 基本フレーズ×1

○このABCの流れを覚えたら、1つの太鼓に対して3人ずつ縦に並びます。1番目の人がAを打った後、順番に担当が変わっていきます。待っている間も、頭上でエアー太鼓をします。Cの真ん中の部分では、その場でエアー太鼓をしながら足踏みしながら回転します。
○最後に、成城の6年生がやっているバージョンを練習。右手で打っている間に左手でばちを空中に飛ばして左手でキャッチする。これがとても難しいのですが、キャッチ出来た時はとても爽快です。


2.「即興劇」についての実習&課題検討
~サイコロを使った即興劇~ 川窪章資さん

 川窪さんは、持ち上がりの2年間(3学期×2)に表現活動を計画的に組み込んでいます。表現活動に大分慣れた子どもたちに即興劇をさせるにはどのような手立てがあるか、提案していただきました。

サイコロをふり「場所・人物・物」をその場で決定し演じる。相談時間なし。誰から始めてもよい。

場所・・・電車、体育館、プール、お祭り会場、居酒屋、コンビニ
人物・・・警察官、ヒーロー戦隊、運転手、泥棒、PTA、漁師
物  ・・・バケツ、地球儀、トイレットペーパー、ポスター、お蕎麦、ガムテープ
参加者を2グループに分けて、実際に場所と人物のサイコロを振り、演じてみました。

A:居酒屋 ヒーロー戦隊   B:電車の中 漁師
Aは、マスターと客がいるという場面設定から始まり、相手の出方を探りながら、最初からいた客も後から来た客もマスターも全員ヒーロー戦隊になって労ったり、戦ったり・・・やや強引に終わりました。
Bは、電車に色々な客(漁師や海女)が乗っており、捕ってきた魚の交換会を始めるという展開。

【実践した後の感想】
終わりの言葉がないと終わりにくい。/だらだらしてしまう。/時間で区切ったらどうか。1分でも30秒でも長く感じた。/難易度が高い。/会話中心になってしまう。/配役の設定の話し合いはした方がいい。/入りづらい子がいるだろう。順番に入っていくようにしたらどうか。/ストーリー、シーンを作る相談は必要。/「喜び」や「悲しみ」のようなテーマや流れは大事。/上級な能力がないと難しい。よほど訓練していないと無理だろう。

【話し合いの結果】
・相談することこそ子どもの活動には大事なのでは?
・表現活動では、表現力や他者と関わる力(より関わろうとする力)をつけていきたい。その場その場の反応の力は、架空の場面での危うさもある。とっさに反応してしまう力は表面的であり、深まらない。
・台本に書かず、筋(登場人物とストーリー)だけ決めて動かすことは、立派な即興劇ではないか。
・ドラマ教育には即興と半即興がある。児童にさせるのは半即興。予め準備する所をどこに設定するか。
・サイコロを使うのは面白い。○○な××と同じ。決め台詞のサイコロがあってもいいのでは。
・話し合いの時間が短くなる。長いものを作らなくていい。「短くていいよ」が安心材料になる。
・何度もやり直させるのが面白い。子どもたちは飽きない。
・子どもが知っている状況じゃないと難しい。サイコロの目の作り方に一考の余地有り。

【おまけのゲーム実習 キャッチ】 「ルックアップ ルックダウン キャッチ!」
夏期大で実践していたゲームの再現。円になって立ち、リーダーの合図のもと、上を見て、下を見て、キャッチ!の合図で顔を元に戻し誰かと目が合ったら抜けていかれる。目が合わないで最後まで残ってしまうと疎外感を味わうことになるので、目が合わないようにするゲームに変えてみてはどうか。生き残りが勝ちか負けか。いずれにせよ、残りの人数が多い時に早めに終わらせるのが良いかもしれない。

3.特別支援学級の学習発表会について(相談)古賀さん

【概要】1月と2月に行われる学習発表会で7分の発表をする。3人の担任で跳び箱や群読、合奏の発表をどうまとめ指導したらよいか。年間の学級目標を「やさしさ、やくそく、がんばり」としており、トリプルスターをとろうと努力している。「としめぐりの詩」を読んだらどうかという意見がある。

【話し合い】
・見ている人にわかりやすく、「としめぐり」をモチーフにしてテーマを一年間の出来事にして、成果(跳び箱や合奏)を入れるようにしたらどうか。1つずつスターをゲットしていってもいい。
・群読・シュプレヒコール・みんなで言う・・・の組み合わせをしたらどうか。
・7分の中に盛り込みすぎると大変。一つ一つを全員できちんと組み立てていくと良い。全員の指導を3人ですると、急に指導者が1人抜けても混乱せず指導できる。群読はとしめぐりの歌にしてアイディアを出した先生の思いを生かすと良い。2ヶ月という期間を逆算すると、あまり冒険しない方がいい。
・写真で1年間の活動シーンを映し出すのも効果的。見ている人がわかりやすい流れを大事に。保護者の目線で考えると、なるべく長く我が子を見ていたいはず。

【新入会員さんの感想】
・中嶋さん 学んできた実践をどのように授業に取り入れられるか考えていきたいです。
・杉原さん 頭も身体も使って有意義な時間でした。冬季セミナーも楽しみにしています。 
【文責:澤田麻美子】

2014-12-04

【実践研究会】12月定例会予告

次回の実践研究会は、12月13日(土)15:00〜17:00です。内容は、

「加藤陸雄さんの和太鼓実習!早く来た人ほど爽快感UP」
「今井洋助さんの実践報告 5年学習発表会での上演『コスモレンジャーゴーゴゴー』
Tetraughers(テトラファーズ・プロの劇団員さん)による古典の朗読劇『死神』」来年上演予定の劇を先取り」

の三本です。今回、来年上演予定の朗読劇を実践研参加者に観てもらって「ご意見いただきたい」という新しい試みです。一人でも多い方が、深まる内容ですのでお誘いあわせの上ぜひいらしてください。悩むより一歩踏み出す実践研!自分たちが楽しんで研究しましょう!
文責 森公洋】

【定例会報告】翠会11月定例会報告

【期 日】平成26年11月15日(土)15:00~
【会 場】成城学園初等学校 応接室
【参加者】北島 木村 長谷川 関 金岡 金平 芦澤

「ちょっと脚本書いてみたいのだけど・・・」「学芸会で自分の脚本を上演してみたい!」「自分で書くのは、まだまだだけど、他の人の脚本を上演してみたい・・・」あまり構えず、しかし脚本について勉強してみたいメンバーが集まる会です。


☆「十二支のお話」
作:金岡 香恵(ミュージカルクラブ20名ほど)

<作者より>
・先月、一度見てもらった作品。その後、子供たちと一緒に、動物同士がからめないかと考えなおした。
・ねことねずみが、なぜ、追いかけっこをするのか、というのを先にだし、回想シーンのように話を作った。
・休み時間に上演する予定。

<話し合いから>
・歌やラップが入る。
・「ミュージッククラブ」というのは、歌を歌うのか。
 ➡演技に合わせて音楽をつける。
・ねずみがねこに「元旦だよ。」と伝え、ねこが「夜でも大丈夫」と勘違いするのだが、観客には、わかりにくい。ねこに「元日か。まだ、時間がある。」というセリフを言わせたい。さらに、ねずみに「元旦って、朝のことなんだけどな・・・。」というセリフを言わせると、もっとわかりやすい。
・全体的にセリフが長い。もう少し刈り込んだほうがよいのでは。言いにくいところもでてくる。
・見ているほうが、なぜ、追いかけるのかがわからないといけない。丁寧に演じさせたい。
・今回は、ねずみが親切にしてあげたのに、ねこが勘違いをして動かなかった。その差を表したい。ほかの動物は、寒いのに来ている。
・いのししが何度も出てくるはなぜか。特性を出しているとしたら、「止まらない!」「止めて!」などのセリフを入れるとわかりやすい。笑わせる役どころだから。
・たつとへびのところにも特性を出したい。たとえば、馬と羊なら、蹄がちがう、ハンディの競争、走り方の違いなどが面白そうだ。走る様子や動きを音にして表現しても面白い。
・さると犬のけんかの仲裁に鳥が入るのはよい。
・門番に音楽を流させるのもよいのでは。最後に番号札などを持たせてあげるとわかりやすい。
・十二支の歌を作るのもよいのでは。
・この作品は、十二支がどうやってできたのかを書きたいのか。何を書きたいのか書く人の思いが大切。
・十二支の作品は多い。どうして動物を12年一回りにしたのか。神様は、なぜ、そうしたのか。なぜ、その順番なのか。自分できまりをつくれる。
・中国でできたもの。アジアは、みなこの順番。12という数字も不思議な数字。なぜ、12なのか。
・四足動物を二足動物の対立を書いてもおもしろい。
・衣装は、かぶりものではなく、普段着で、それらしくする小物。早めの上演を。

☆小峰の六年生、短い劇
作:長谷川 安佐子
<作者より>
・翠会の創作劇の中から、ことわざ劇や劇クイズに使えそうな作品を見つけた。発表会の導入で使えるものに仕上げる。
・劇でクイズは、二人組で何かになって、劇をしてあててもらう作品。  
・「泣きっ面にはち」「信じる者は救われる」「憎まれっ子世にはばかる」「劇でクイズ」

<話し合いから>
・作品に、「こういうふうにしてほしい」と手引きをつけるとわかりやすい。
・台本を見ながら演じてもよい。
・ことわざにかんしてもう一作品、クイズは二作品ほしい。
・「憎まれっ子世にはばかる」では、娘は、時間どうりに出ていくが、妹と母親は散々な目に合うようにするとよい。
・「信じる者は救われる」であh、憂鬱といらいらがしっかり治ってから、まかないを食べて、と区分けをはっきりさせたほうがよい。また、自信がつく、勇気が出てくるなど、食事をすると人が変わる話がいろいろ作れる。
【文責:芦澤】

◎次回の翠会は・・・12月6日(土)15:00~ 成城学園初等学校 応接室にて
古賀さんの作品を予定しています。そのほかにも作品をお待ちしています。作品提出希望の方は、木村までご連絡ください。