2015-04-22

【脚本研究会】3月定例会報告

【期 日】 3月13日(金)19:00〜
【会 場】成城学園初等学校 小会議室
【参加者】 木村 蓑田 森田勝 百合岡 保坂

 今回も参加者が5名。久しぶりに蓑田さんの参加がうれしかったです。少ないけれど、先輩方から貴重なご意見を伺えるので濃密な会ではありますが、出席者がもっと多ければより盛り上がると思います。参加をお待ちしています。

舞台上演用脚本 「今また、青い鳥を求めて」
脚色・構成:森田 勝也
 
 元々は、3月29日にスペース・ゼロで本業の役者たちによる上演の為の脚本。観客対象は、子どもから大人まで。1時間を超える作品でした。最初に脚本を読む時も(通常は作者が読みます)みんなで交代しながら読みました。
 「被災地を忘れない」という大テーマの下、ストーリーは、現代版「青い鳥」でチルチルとミチルの兄妹が「青い鳥」を探しに行く。「記憶の森」「幸せの森」「新しい森」「未来に生まれる人たち」の4つの場を訪ねるもの。森田さんからは、「3月29日の舞台は、この脚本そのままではない。題名と設定ぐらいだけ同じ」という話でした。


 (話し合いから)(ベテランの方が多かったのでそのままの語りで)
・理屈っぽいなあ。幸せを考えるだけでよい。
・「レーゼドラマ」⇒読んで楽しむ脚本でいいんじゃない?
・「心の眼」などのキーワードがたくさんある。理屈をしっかりしたい。
・上辺はよいのだが、実は…という外と内の対比なども入れるとよい
 
 等々話し合いも盛り上がりました。

※3月29日の上演も観に行ってきました。脚本を見ながら観劇するのが目的でなく、純粋に劇を楽しみました。プロの方々の上演で、ポータートーンと少しのパーカッションが入り、舞台を厚くしていました。おもしろかったです。

2年生用上演用脚本 「みんなで 歌えば」
作:百合岡 依子

 既に上演済み。音楽を題材にした作品を作りたかった。「自分が、自分が」という子どもたち。一緒にやることで新しい発見があったらという思いで書いた。
 動物の森の広場でうさぎ、たぬき、ねずみが広場の取り合いっこをしている。動物の森なかよし音楽会」のお知らせをすずめが持ってくる。地元代表は1組だけ。それぞれうさぎは「歌」、たぬきは「ボディーパーカッション」、ねずみは「ラップ」の練習。うさこは、それぞれの動物たちをほめるが、他の動物たちはけんかばかり。そして失格宣言。お互いにそちらが原因と再び言い争い。「もうやめて!」といううさこ。実はもうすぐ引っ越してしまうことが判る。「みんなで一緒にやれないかな?」最後は、3つの出し物を同時にやることで盛り上がる。そして「出演決定」の通知。


 (話し合いから)(百合岡さんはもうベテランという前提での話し合い)
・よく、構成されている。
・ただ、ありふれたストーリーだな。
・引っ越すうさこの「ソロ」⇒みんなで「ボディーパーカッション」⇒「ラップ」⇒「歌」と盛り上げることでも変わる。
・仲の良いもの同士のけんか。出たがりが引っ込むことで解決など、ちょっと違う視点もほしい。
・「お!」という展開を期待します。

等、こちらも大いに盛り上がりました。
【文責:保坂 弘之】

1 件のコメント:

  1. 「青い鳥」の現代版、「ロミオとジュリエット」と「ウエストサイドストーリー」など、原作の良さを現代に置き換えて、名作化することは素晴らしさは数多くあります。
    おそらく、少人数劇になると思いますが、今昔物語の「萱草と紫苑」を現代版の児童劇にすれば、深みのあるものになると思います。

    返信削除