トップページ

2015-06-19

【翠会】6月定例会報告

期 日:2015年6月6日(土)15:00
会 場:成城学園初等学校 応接室
参加者:木村・長谷川・土井・久保・金岡・中村(照)・中村(俊)・二見 (8名)

○朗読劇「ミニシアター イソップ2015」
(劇団上演作品)脚色・構成:二見 恵理子

★作者より…学生サークル劇団創立45周年記念公演のため、OBによるミニシアター。3本構成で、熟年OB・若手OB・当日のみ参加のOBが出演可能な台本に。
(偕成社「イソップ童話(3年生)」・のら書店「イソップのおはなし」より)

☆参加者より
・1本だけ教訓めいて終わっているのが異質。原文にとらわれず作品全体として統一感を。
・擬音など入れると、状況がわかりやすくなって面白くなるのでは。
・ナレーターを2人使う場合は、役割を明確にしたほうがよい。

○「はたらく じどうしゃ コンクール」
(低学年用)作:中村 照子

★作者より…以前に夏期大の分科会で書いた作品。教科書の説明文の脚本化。(光村図書「じどう車くらべ」より)

☆参加者より
・1番を決めず、順番に飾るという結末が良い。
・暗転はないほうがよいので、最初からコンクールの幕を出してはどうか。
・調べ学習につながっているので、車の種類は原文に拘らず自由でよいのではないか。
・パネルをつなげて一台の車を表現する場面が面白いので、全部の車でやってはどうか。

○物語「注文の多い料理店」を教材に、朗読劇を作ろう
(夏期大用)提案:中村 俊英

★作者より…夏期大(朗読劇分科会)2日目の活動として、原文から構成台本を作れるようになるための実習を考えている。(東京書籍「国語 5年」より)

☆参加者より
・宮沢賢治は言葉が難しい、想像の世界なので表現しにくいかも。
・賢治は研究されつくしているので、原作の解釈を確認しておいたほうがよい。
・全文は長すぎるので、あらかじめ表現しやすい部分を切り取って提示したほうがよいのでは。どの場面を切り取るか、教材を上手く使う方法として、その観点も伝える。
・分割しておいて、全体を読んでから「この部分をやります」と指定したほうがよい。
・岡田陽先生の台本も参考資料として最後に参加者に渡してはどうか。

♪6月は8名もの参加者があり、様々な意見を聞かせていただくことができました。
 5部しか印刷していかず、木村先生にはお手数をおかけしました。翠会に提出する
 際は、脚本が10部は必要ですね。以後気をつけます。

次回翠会は・・・
7月4日(土) 15:00〜 成城学園初等学校応接室です。
【文責:二見】

0 件のコメント:

コメントを投稿