2016-02-16

【実践研究会】12月定例会報告

日 時:2015年12月12日(土)15:00〜17:20
場 所:成城学園初等学校 講堂、応接室
参加者:伊藤、今井、岡、加藤(陸)、金岡、金平、川窪、木村(た)、木村(望)、   
    木越、小宮、中嶋  計12名

1、和太鼓実習「早く来た人ほど爽快感UP」
加藤 陸雄さん

「御神事(ごしんじ)くずし」「御神事太鼓」を低学年用にリズムを簡単に崩した曲だそうです。3パートのリズムは以下の通りです。
息がぴったり、爽快です!







前:ドンカカ ドカカ×2 ドドドン カカカ×2 
  ドドドドドドドン  ドンドンドン
中:ドンタタドタタ×2  ドドドン×4(だんだん大きく)  
  ドドドドドドドん ドンドンドン
後:ドドドドドドドド×2   ドドドドドドドん 
  ドンドンドン  「そーれ」(掛け声) 

 ひとつの太鼓を三角形状に囲みながら3人が叩き、10人が4つの太鼓を「そーれ」の掛け声と共に、瞬時に移動しながら演奏を続けました。少ない太鼓でたくさんの人が関われ、それぞれの距離が近くて皆の一体感を感じました。


2、楽器作り実習「手作り楽器でアンサンブルを楽しもう」
自作楽器での演奏に夢中になりました。
岡 信行さん

<楽器紹介>
ヤクルトーン、
ホースフルート
ジャンベ
スライドホイッスル 他

・DVD鑑賞「川崎市創作劇発表会の様子」

・楽器「スライドホイッスル」作り
<使用した物>
ケミカル棒1本、かき氷用ストロー、ウレタン、竹串

<使用した道具>
岡さんの演奏を堪能しました。
彫刻刀、はさみ、グルーガン

<手順>
1,ケミカル棒に彫刻刀で穴をあける。ただし斜め方向に。
2,ケミカル棒内にすき間がない大きさに形を作ったウレタンを竹串に刺し、グルーガンで固定する。
3,ストローを1で空けた穴の近くで適当な(音がでる位置を探した)場所にグルーガンで固定する。

 最後は、パックフルートによる岡さんの独奏「星に願いを」に聞き入りました。子どもの気持ちになりながら、一生懸命にひとり一つの楽器を作り、皆で3曲ぐらいを即興で演奏しました。身近で手頃な(百円ショップ)物を使っての楽器は発想豊かな岡さ

んのオリジナル。岡さんのもとで演奏ができる子どもたちが羨ましいです。


3、インプロ実習「創造性を発揮するためのヒント」
サムライゲーム
木村 大望さん

サムライゲーム(狭いスペースでもできる活動)
2人が向かい合い、目を見つめ合いながら、右か左手を相手の肩付近を軽く叩くゲーム。どちらがいつ出すかわからない。出されたて肩を引いてよけたら勝ち。肩を叩けたら勝ち。スタートからお互いのタイミングで勝負するゲーム

発展バージョンとしては
1見つめ合う。
2話しながら(日常会話)
3セリフを言いながら(即興)

ふっと抜ける瞬間があり、相手に見透かされます。自分自身の気持ちがセリフや考えに夢中になって、目線がずれるときがあることに相手から気付かされ、新たな発見ができる時でした。

4、感想交流
・「サムライゲーム」は子どもに合ったバージョンに少し工夫して行いたい。
太鼓に始まり充実。何十年ぶりに太鼓実習に参加。
臨機応変の対応をされる発表者に脱帽
トイレットペーパーの笛にも興味あり。
綺麗な音を出したいと思う気持ちを久しぶりに感じた。
VTRでクラブの児童が作った楽器を上手に演奏しているのに脱帽。
来週クラスですぐやりたい。「サムライ」のネーミングを工夫したい。「タッチ」はどうか。
【文責:木越憲輝】

0 件のコメント:

コメントを投稿