2016-02-22

【脚本研究会】2月定例会報告

【日 時】平成28年2月12日(金)19:00~20:30
【会 場】成城学園初等学校 小会議室
【参加者】金平、野口、保坂、中村(俊)、森田、山本(茂)、百合岡(計7名)

 参加者が揃うまで、まずは来年度の相談から始まりました。そこで「終わった後のノミニケーションも大事にしたいよね」という話も出て、「目標は20:30終了」と・・・。今回は、2本とも脚本ゼミではなく発表相談だったこともあり、20:30終了!久しぶりにゼミ飲み会が復活しました。ここで出た「作者のうめき声が聞こえるような脚本を!」という名言は、今後のゼミのキャッチフレーズになる予感がします。


『5年TV★SHOW』 
5年生向け 発表相談/百合岡 依子

<作品について>
 学習発表会で、いろいろなジャンルのテレビ番組を構成したショーをつくる予定。ニュース、クイズ、ショッピング、ドラマ、CM・・・ジャンルは様々だが、いずれも内容に「一年間の出来事や思い出」を盛り込むようにしたい。子どもたちからはさまざまなアイデアが出ているので、発表会に向けてうまく構成していきたい。

<話し合いより>
・子どもたちに創らせる場合、制約を明確にすることが大事。持ち時間や人数など。
・グループ活動をしっかり行うためには、ジャンルに関わらずグループの人数を統一した方がよい。6~7人ずつがベストか。多すぎず、少なすぎず、じっくり話し合ってよいものをつくるようにさせる。そうしてこそ、「子ども同士の話し合い活動」という、取り組みのめあてに沿うことができる。
・全体を構成する時に、起承転結の流れをつくることも可能(番組中にトラブルが発生するなど)。その場合は、まったく別物の作品になるが。
・つなぎと終わりをどうするかが鍵。つなぎ隊は、毎回同じパターンで統一。終わりは、「6年生はこうなる!」という予告にするのもいいかも。
◆(相談者より)先輩方からたくさんのアイデアやアドバイスをいただくことができました。本番後、よい報告ができるよう頑張ります。

「お別れ会発表プロット」
6年生用/作:中村 俊英

<作品について>
 今受け持っている5年生が、来年2月に発表する時のためのプロット相談。60年後、念願のタイムマシーンを発明したある6年生が、過去に戻って小学校時代の思い出を見たり、取り戻したい過去の場面を見て過去を変えてみたりする。思い出などの具体的な内容は、子どもたちからアンケートを取って決める予定。

<話し合いより>
・タイムマシーンを発明した子(おじいさん)は、思い出を見ているだけなのか、それともその世界に入っていくのか?
・卒業前の発表ならば、「取り戻したい過去」というマイナス要素をわざわざ掘り起こすのではなく、思い出だけで繋いでいく方がよいだろう。
・自分にとっては後悔のある出来事にも、実は別の真実があった・・・というような発見があると、ドラマが生まれる。
・作者が子どもたちに伝えたいのは何か?助け合い、友情、協力、つながり、優しさ・・・。思い出をつなぐことによって、そこに共通して流れるものへの気付きが生まれる、というようにできるとよい。

◆来年の発表に向けて、一年前から準備を始める中村さん。これから時間をかけてじっくりと創り上げるとのことです。「取り戻したい過去」という題材には、後に話を聞くと作者の深い思いがありました。子どもたちと歩みながら少しずつ作品が形作られていくであろうこの取り組み、次の発表が楽しみです。
【文責:百合岡】

0 件のコメント:

コメントを投稿