トップページ

2016-07-18

【実践研究会】6月定例会報告

【日 時】6月11日(土) 16時~
【会 場】成城学園初等学校
【参加者】一幡・伊藤・今井・岡・門田・金岡・金平・久保・川窪・坂田・保坂中村・西脇・林・古屋・


ワイリー(16名)

◎夏期大学分科会検討

1.第1分科会「学級づくりのための劇活動」 実習を通して検討(古屋・林)

①怪獣のタマゴa.先ず4~6人の小グループで丸くなって座ったままで、怪獣の鳴き声と、身振りをリレーしていく。次に立ち上がってリレーしていく。最初は共通の鳴き声と身振りを、次のステップでは自分で考えたオリジナルの鳴き声で。b.1人ひとりが怪獣のタマゴになっている。親怪獣がコンコンと叩くと「パッカーン」と割れて新しい怪獣が生まれる。その怪獣が親怪獣になり次々と「子増やし鬼」のように怪獣が増えていく。
⇒計画では「ほぐしの最初の段階」になっているが、少し難易度が高いだろう。
②絵本『りゆうがあります』を使って…母親と男の子やりとり。日常生活上の好ましくない癖を母親が諫める。男の子は、想像を超えたぶっ飛んだ言い訳を連発する。そのユニークさや意外性を楽しむ絵本。実習では3つのグループに分かれてスキットづくりを行った。⇒諫めた目上の者(親や教師)の規範がひっくり返されて子どもが逆転勝利を収めるところに活動の魅力がある。言い訳が現実のものとなって進行するパターンで構成するのが面白いだろう。

2.第4分科会「身近な題材を使ったパペットの制作と実習」
実習を通して検討(岡)

 人形劇脚本『地球のひみつ』をウレタン人形(桜、ひまわり、もみじ、雪の結晶、お日様、地球)を手に持って実際に演じてみた。「日本に四季があるのは、地球の地軸が傾いているから」という地学的な事象を人形劇を体験しながら実感的に理解していこうと
いう画期的な試みである。⇒脚本に「君たちから見て右・左」という文言があると、地球と太陽、地上の者たちとの位置関係が分かりやすくなる。桜とひまわりが両端に居る方が、地球と太陽との位置関係との整合性が可視的に理解しやすくなる。ウレタン手人形は月の満ち欠けなどの理科の事象の他、国語科の説明文などの学習でも活用できそうである。

3.第5分科会「授業で活かせる朗読劇の実習」 実施計画検討(中村)

 朗読劇の基本的な技法や動きの習得の為の教材として「ごんぎつね」を用いたい⇒「オフステージ」「登退場」「視線の上下」「動きのキャッチボール」「追いかけっこ」などの特徴的な技法を「ごんぎつね」で網羅ですることは難しい。別途、教材開発をする方が良いだろう。目的としては、舞台上演への発展応用は考えず、授業の中での活用に絞る。参加者が、主教材の「スーホの白い馬」の好きな場面を選択して実習できると良いだろう。参加者が「望ましい演出」を探るのは・望ましいゴールについての教師案を持つ・そこから逆算した支援、アドバイスが出来る構えを持つ・子どもから出る多様な表現も自分が思い描くゴールとの関係において許容することができるということである。

4.和太鼓実習「アンセムにのせて」

 今回は、口伝を言いながら、机を叩きながらリズムの確認をしました。次回、実際に太鼓を叩くのが楽しみです! 夏期大学のオープニングを飾るべく、練習を重ねていきます。夏期大学のオープニングで、和太鼓演奏「アンセムにのせて」を披露します。ご期待ください!
記録・文責:林】

0 件のコメント:

コメントを投稿