トップページ

2016-07-18

【脚本研究会】7月活動報告

【日 時】平成28年7月8日(金)19:00~20:30  
【会 場】成城学園初等学校 小会議室
【参加者】岡、金平、野口、保坂、森田、山本(茂)、百合岡(計7名)

1.クラブ用プロット『紙ひこうき』/作:岡 信行
<作品について>
 演劇クラブ30人のための、生活劇。NHK番組で取り上げられた「不寛容社会」や、AKB48の『365日の紙飛行機』からヒントを得た。合唱コンクールの練習をめぐり対立する子どもたち。やがて、クラスの中が言いたいことが言えない雰囲気になっていく。そんなクラスの危機を変えたのは、普段「空気が読めない」とされていた、マイペースで能天気な子どもであった・・・

<話し合いより>
・面白いと思う。いい作品が生まれる予感がする!
・言いたいことが言えない=仮面をかぶる、という表現はここでは不要では。紙飛行機とも仮面はミスマッチ。
・キーワードとなる紙飛行機に仕掛けがほしい。実は手紙になっているとか、いつもいじけている子がひたすら紙飛行機を折っていて、そこには何か理由がある・・・など
・みんながそれぞれ折った紙飛行機を飛ばすシーンで終わるときれい。
・テーマの「不寛容社会」とは?

→(作者から)ノートの表紙の昆虫写真が「気持ち悪い」という意見から変えられたり、二宮尊徳の像が「歩きスマホを連想させる」という理由から撤去されたり。本人たちはよかれと思って言っている「正義感」のようでいて無責任な物言いと、企業がそれを取り上げざるを得ない現実と。そうしたことへのもどかしさが書くきっかけとなった。→(参加者から)でも、この話は不寛容が寛容に変わるという話ではないし、それであれば不寛容社会をテーマにせず、「バラバラだったクラスが紙飛行機をきっかけにひとつのクラスになっていく」という話にすればよいのでは。
・対立から和解のシーンでは、みんなは「空気が読めない子」の何に共感しているのか?雰囲気だけに流されて終わりではなく、みんなが共感する何かがほしい。
・「どんな人でも認めていこうよ」というまとめ方では物足りないしもったいない。集団としての高まりを見せる幕切れにしたい。
・歌詞や言葉の巧さだけでなく、動きや出来事で描くことが大事。そして、気持ちや心が伝わるドラマをどうつくるか。今後の展開に期待!

2.人形劇『地球のひみつ』/岡 信行
<作品について>
 前回の話し合いを受けて、「体験的に台詞をいうことによって納得し、楽しく学習内内容を定着させていく」ということを目的に書き直した。アクティブ・ラーニングの一方法としての人形劇の提案。

<話し合いより>
・教科の中で劇をどう生かしていくか、その活路を見出していく作品。「表現することは、学習の上でも子どもたちにとっていいものだ」と先生たちに知ってもらうきっかけになる。ぜひ実践研で深めてほしい!
・理科の課題に対するアプローチではなく、「理科のアクティブ・ラーニング」とすると抵抗があるのでは。とはいえ、アクティブ・ラーニングは定義や認識がまだ曖昧な面もあるので、こちらからこうして提案することが大事。
・やりとりの中で、誤答に対する葛藤があるとよい。そこに学びや発見がある。
・夏期大の分科会で取り上げるなら、脚本を見せる前に「調べ学習をする」「劇化する」という活動を行うと、思考→表現のプロセスを辿れる。教材によっては、人形でこそできるものと、人間が動いて表現した方がいいものとがある。さらには、劇化に適しているものとそうでないものもある。そのあたりの研究も必要。「教科の中で演劇をどう生かすか?」「演劇的手法を用いた活動によって、学習がアクティブになる」という劇作の会のもつ大きなテーマのひとつに対するアプローチ作品。

◆5月から3回連続発表の岡さん!!前回に続いての『地球のひみつ』と、書きたてほやほやの新作プロット、さらには教科書教材の登場キャラクターリストも作って来て下さいました。
◆次回のゼミは、夏期大後9月9日(金)19時~成城学園初等学校にて。皆さんのご参加をお待ちしています♪
【文責:百合岡】

0 件のコメント:

コメントを投稿