2016-08-18

【第64回演劇教育夏期大学】第1分科会「学級づくりのための劇あそび・劇活動」

<担当>古屋有子、林久博、坂田道則

 「劇あそびや劇活動を通じて、子どもたち同士のコミュニケーションを深め、個々の子どもたちが互いに認め合い協力して、高め合っていくことができる学級をつくる。」「劇あそびや劇活動を通じて、子どもたちの学習意欲を高め、子どもたちが主体的に学ぶことができる教室をつくる。」ことをねらいとして、様々な劇あそびや劇活動を学びました。劇あそびや即興劇づくりによって、人と人との関わりが深まること、学習内容への理解が深まることを子どもになったつもりで体験した3日間の様子を報告します。

〜 1日目 出会い 〜
 新たな出会いをした初日は、まず自己紹介ゲームからスタートしました。ゲームを通して、お互いの好きなもの、趣味を知り合いながら少しずつ心をほぐしていきました。「ネームトス」では、集中して相手のアクションを受け取り、別の相手に渡すというルールの中で、全員が繋げることを意識して参加できました。続いて行った「相性ぴったんこ」「ジャンピングハッ」では、他者と心を通わすことの楽しさも経験しました。「○本足を作ろう」では、リーダーから提示された数字と同じ数の足を作るため、グループごとに相談をして、課題に取り組む様子が印象的でした。1時間前に出会ったばかりとは思えないほど積極的に意見を交わす様子に、劇あそびの可能性をおおいに感じることのできる時間になりました。心が十分にほぐれたところで「モデル・アーティスト・粘土」「火事だ!え?」「ジェスチャーゲーム」の活動を行い、体をほぐしました。粘土になったつもりで体を動かしたり、生き物になったつもりで相手に動きを伝えたりする活動を通して、自らの身体表現の幅を知ると共に、他者の身体表現に触れ、参考にすることができていました。その後も「大声レーダー」「ここはどこでしょう。」など、体を動かしコミュニケーションを取りながら伝え合う多くの活動を行い、1日目を温かな雰囲気で終えることができました。

〜 2日目 深まり 〜
 2日目は「ティッシュ」という活動から始まりました。1枚のティッシュを空中に飛ばし、それを手や足、背中などリーダーに指定された場所でキャッチするというゲームです。始まったばかりにも関わらず参加者は元気いっぱい。軽く汗をかきながら活動しました。1対全の活動から2人ひと組の活動に移ると、相手がキャッチできるように「右右!!」「もう少し後ろ!」などフォローする声掛けが自然と生まれ、一体感を感じる活動になりました。その後、授業で活用できる「わたしは誰でしょう」や蓑田先生の台本を使用した劇づくりの実習を行いました。「わたしは誰でしょう」では、いつも問題を出している立場の参加者が、問題を出される子どもたちの立場になることで、分からない時の子どもたちの焦りや答えが分かった時の喜びを童心に返って楽しむことができました。劇作り実習ではさすが先生たちというだけあって、それぞれ個性の光る劇を発表してくれました。同じ台本を使用しても表現の仕方が全く異なり、表現の違いを実感する時間になりました。体と心を十分に動かした後、午前最後のプログラムとして、森田先生による理論講座が行われました。子どもたちが遊ぶことにより感性・想像力・表現力・創造力・コミュニケーション力など様々な力が養われること、しかしその遊びの場がどんどん奪われてしまっている現状をお話していただいた上で、私たち教師が意図的に遊びを創っていくことの重要性や、子ども主体の集団作りの必要性を講演していただきました。劇あそびや劇活動で得られる力は数値化できないものだからこそ、私たち教師が努力し、守り、繋げていかなければいけないということを改めて強く感じる時間になりました。

「わたしはだれでしょう」の様子
「即興劇実習」の様子
午後は、『だるまさんが』『うみやまがっせん』『ねえどれがいい』などの絵本を使った実習、算数でも利用できるゲーム、社会で学んだ戦国武将になりきって劇を作る「三英傑 誰が一番えらい?」などの実習を行いました。多くのゲームを学び、楽しんだ1日目とは少し異なり、この日の振り返りでは、「2日目に行った劇あそびや劇活動はこういう場合にも使用できそうだ。」「こうしたら○年生でもできそう。」など、実際に教室に持ち帰ってからのことを考えながら、意見を交わすことも出来ました。




「絵本実習」の様子
〜 3日目 つなぐ 〜

 2日間の活動でお互いの心もすっかり打ち解けた仲間達。3日目で疲れもあったにも関わらずウォーミングアップや即興劇では、笑顔を溢れる活動になりました。3日目のメインは分科会発表会に向けての「繋ぐ」活動でした。今までの学びをどのような手法で繋げ、時間内でどう発表するか話し合い、練習に向かいました。今回は「蘇った三英傑」と題し、3日間行った多くの活動を特番VTRのように繋いでいくという方法を取りました。今まで行った即興劇をブラッシュアップした後、通しの練習を行い、改善点を話し合いました。劇をつくる過程の人間関係の深まりを重視していた活動から、今度は見せるための活動へ発展していきました。参加者全員で「こうしたらもっとよくなる」という意見を発表し合い、一つのゴールに向かって練習を重ねました。今までの活動を繋げていただけのはずがいつの間にか一つの物語のようになっていたことに驚き、新しい可能性も感じました。
 発表は大成功、みんな大満足で発表会を終えることが出来ました。
子どもになりきり、いろいろな活動に参加し、発表会まで成功させてしまった第1分科会の皆さん、本当にお疲れ様でした。最後に、全員で3日間の感想交流をしました。その感想の一部を紹介します。

・内容が濃くて、どれも面白い活動でした。見せることも意識しながら最後に仕上げていく自分たちの分科会のパワーも見事だと思いました。
・日頃、「児童の反応」を考えて、指導を計画したり組み立てたりしていましたが、そもそも児童の持つ遊びたい、楽しいことしたいという気持ちをくんでやらなければいけなかったと今回の活動を通じて分かりました。
・学級づくりや授業にすぐ使えるあそびや活動をたくさん学ぶことができた。
・1つ1つのあそびに理由があり、それをどう授業に生かすかということを楽しく学ぶことができ、とても身になる会になりました。
・本能的に、この会に申し込んで来られて、本当に良かったです。頭も心も1日でだいぶ開いた気がしました。

 子どもたちも考え、悩みながら自己表現をしているということが体験できた3日間だったと思います。活動で感じたことを大切にしながら、またそれぞれの場所で生かしていただけたら幸いです。
【文責:古屋有子】

0 件のコメント:

コメントを投稿