2016-10-30

【実践研究会】10月定例会報告


日 時:10月15日(土)15:00~17:30
会 場:成城学園初等学校 講堂、社会科室
参加者:加藤、ワイリー、森、林(玖)、和賀井、山本(留)、今井、藤本、保坂、金平、一幡、吉田、平、木村(望)、 計14名

1.『和太鼓実習』
加藤陸雄
みんなの気持ちを一つに!
今回は、参加者中4名の方が夏期大に参加された方やそのお友達の方でした。最近は参加者10名以上が続いており、内容も濃い実践研究会は大変盛り上がっています!!さて、まず始めは加藤さんの和太鼓実習です。講堂の舞台いっぱいに太鼓を並べて、基本の叩き方やバチの持ち方から教えていただきました。次に、アクセントを意識しながら叩き、A・B・Cの叩き方パターンを練習しました。後半は、太鼓を円形に配置して練習したパターンをつなげていきました。かけ声も付けながら、通し練習を重ねていきました。バチを高く振り上げることを意識すると音に迫力が出ました。みんなの気持ちが1つになって、気持ちよく叩くことができました。気分爽快の30分間でした。次回はぜひ皆さんも!!
輪になって叩こう!

2.年間実践報告シリーズ
『アクティブラーニングとしての朗読劇』
森 公洋
 「モチモチの木(光村図書3年下)」より、「豆太は見た」の場面を、Aの人…豆太と地の分、Bの人…じさまと地の文で役割分担して実習しました。ペア同士で互いの朗読劇を見合って、工夫したポイントや3年生の子供たちだったらどのように劇を作っていくか考えながら話し合いました。例えば、以下ような部を取り上げ、どのように表現するのが効果的なのか話し合いました。

★「ま、豆太、心配すんな。じさまは、じさまは、ちょっとはらがいてえだけだ。」
 まくら元で、くまみたいに体を丸めてうなっていたのは、じさまだった。
★「医者様をよばなくっちゃ。」
 豆太は、小犬みたいに体を丸めて、表戸を体でふっとばして走りだした。
★真っ白い霜で、雪みたいだった。霜が足にかみついた。
★いたくて、寒くて、こわかったからなぁ。

 音読の仕方やそれに反応してどのような動きを付けていくのか考えることによって、場面をより深く想像できる、登場人物の気持ちの細かい変化にまで気付くことができる、そういったアクティブラーニングの良さが実感できました。森さんは、「この場面の豆太の走り方について考える」と提案されましたが、話し合っていく中で「豆太はどうして走りたかったのか?」「どうして医者様をよぼうとしたのか?」と問うことが、本来の登場人物の気持ちを考えさせることが読みの深まりにつながる、という意見が出されました。子供たちによる色々な音読や劇による表現があり、その違いや似ていることなどを共有する時間が大切です。
 
3.実践報告
『低学年国語の説明文~劇的な要素を取り入れて~』
ワイリー麻梨子
 「どうやって みを まもるのかな(1年)」「たんぽぽのちえ(2年)」の学習で、説明文に登場する動物や植物になりきって、セリフを考えて表現する活動を取り入れています。成果として、登場するものになりきってセリフを考えさせることで説明文の内容理解につながったこと、セリフを言わせる取り組みによって、子供たちが楽しみながら参加していたことが挙げられました。一方で、課題として説明文の特性上、考えや答えが決まってくるため、文学に比べて子供たちの多様な考えが出にくいということが報告されました。報告を受けて、低学年では○○になりきって「動作化」を取り入れると内容理解が深まるという話題になりました。また、劇的な活動を単元計画のどの部分に用いると効果が期待できるか検証したいという意見もありました。

4.実践報告
『人形を使った活動~特別支援学校~』
一幡利一
 劇あそび「おおきなたこ」は、おおきなかぶをアレンジした題材で、劇あそびに親しみながら、音や歌に合わせて体を動かしたり楽器を鳴らしたりする活動でした。一幡さんは、以前にも人形を使った活動を紹介されていて、子供たちの表現力やコミュニケーション能力を伸ばすために、人形を使った活動は有効だと実感しているそうです。報告を受けて、子供たちの五感を様々な方法で刺激することで「表現」を引き出すことができるという話題になりました。例えば、音、人の声、色などが子供たちの身近なものであり、教師はどの場面でそれらのツールを使うか工夫していくことが必要だと話し合いました。
【文責:今井洋助】

《次回予告》次回の実践研究会
11月12日(土)14:00~17:00です。内容は
「加藤陸雄さんの太鼓実習」「古屋有子さんの実践報告」を予定しています。
※翠会との合同開催のため、14:00~です。お互いの活動を見合う良い機会です。途中からの参加も歓迎します。秋の清々しいひと時を、皆さんで楽しく研究を深めましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿