2017-08-28

【第65回演劇教育夏期大学】第3分科会「脚本を使った劇の上演活動(4〜6年)」

担当:野口・藤本・新保

 ねらい:「子どもの主体性を引き出し、活かす上演活動」
使用脚本:『子ども便利屋さん』(本田博子作)


真剣に脚本を読み込んでいます
1日目は、出会いのゲームの後、早速表現活動・即興劇へ。脚本の内容につながるような、「○○買ってきて」、「○○な便利屋さん」を行いました。午後は、脚本の読み合わせと初めの場面作り。個性豊かな参加者それぞれの表現に、これからの活動への期待が高まりました。





 2日目は、まず歌の練習を行い、その後は、脚本に基づいた場面作りを行いました。グループに分かれての場面作りは盛り上がり、合間には、参加者の皆さんからの質問について話し合う時間も設けることができました。表現活動として、脚本をもとに、オリジナルの場面作りも行いました。


 3日目は、分科会交流会に向けての練習。これまで活動して学んだことを活かして、野口先生作成の短縮版脚本の場面作りを行いました。初日に比べ、参加者の積極的な意見交流が行われ、オリジナルの場面も盛り込んでよい発表ができたのではないかと思います。


 最後の振り返りでは、参加者から、「子供とどう一緒に作っていくか学べた」「子供の気持ちが味わえた」「自分の壁を破れた」「劇活動の意義や楽しさが分かった」「間違えても大丈夫、という安心感のある場がもてた」「劇を通して皆と一つになれた」「担当者から、子供と共に劇を作っていく姿が学べた。ここに来なかったら、教師主導ですべて進めていたと思う」という感想が出ました。有意義な三日間となったのではないかと思います。
【文責:新保 えみ】

0 件のコメント:

コメントを投稿