2018-05-28

【翠会】5月定例会報告

 翠会とは……「ちょっと脚本を書いてみたいのだけれど……」「学芸会で自分の脚本を上演してみたい!」「自分で書くのはまだまだだけれど、他の人の脚本を上演してみたい……」初心者の方から経験者まで、脚本について勉強してみたいメンバーがあつまる会です。主な活動日は、第1土曜日15時からです。まずは気軽にご参加ください。

【日 時】平成30年5月19日(土)15:00~
【会 場】成城学園初等学校
【参加者】木村 長谷川 金平 保坂 松下 二見

☆人形劇『こちらめいせい明星っ子クラブでーす!』
(あそび編・せいかつ編)
作:二見恵理子

<内容> 
 私立小学校の放課後活動クラブ(いわゆる学童)で、新1年生にクラブのルールなどを人形劇で紹介したもの。春休みと新学期最初の週を利用して、劇の練習と人形・背景・小道具作りなどをした。上演は2~4年生20~23人。人形は、封筒で動物を作った。2回上演。

<作者より>
 新1年生にルールを紹介すると同時に新2年生にも再周知するための方法として人形劇を思いついた。劇の上演がここまで大変とは思わずに気楽にチャレンジしたが、終わってみて「怖いもの知らずだからできたな」というのが本音。
 身体表現する負荷を避けて人形劇にしたが、台本に集中し過ぎて人形を見せることができていない子が多かった。
 1年生役の子が、1回目の本番後、クイズでわざと間違えるのが嫌だと言い出し、役をやる子の気持ちなど、子どもと実際に上演することで新たな発見があった。

<話し合いから>
・人形を動かしながら台詞をいうのは練習が必要。人形を遣う人と台詞を言う人に分けるとよい。
・人形劇というと、影に隠れて操るイメージがあるので、ぬいぐるみの出遣いにしても面白い。観客の子どもはぬいぐるみに集中して見てくれる。
・台本があると台詞を間違えないことに意識がいくので、設定と質問だけ決めておいて、答えのセリフは自由にするとよい。


☆中学年用生活劇『プレゼント』
作:金平純三

<内容>
 毎月行われる誕生日会は、出し物もマンネリ化してきている。特に今月はクラスでも浮きがちなゆうじだけ。みんなも新しい出し物はやろうとしていない。幼稚園から仲良しだったゆうじはあきらと喧嘩してしまう。二人のすれちがいを気にかけているひろみたちが、二人の仲をもどそうと幼稚園のころの楽しかった思い出を劇にしようとする。心のこもったプレゼントに喜ぶゆうじ。

<作者より>
 前日の脚本ゼミでは劇中劇を見ているうちにあきらとゆうじが本当の喧嘩をして誤解をとくという展開を提案された。
 最初の設定ではお誕生会ではなく、電車の話で、父親の警笛を待つというものだった。高価なプレゼントより心のこもったプレゼントがいいというのがテーマ。出演人数を増やすために設定を変えてみた。

<話し合いより>
 ・「仲直りさせるために劇をする」というのは不自然な気がする。「幼稚園の時はこんなことがあった」など昔話をしていて「劇にしよう」という流れの方が自然ではないか。
・ダンスの子たちから始まっているので「お誕生会の出し物は適当でいいのか」というのがテーマかと思った。テーマと設定がかみ合ってない感じがする。
・あきらとゆうじの喧嘩が会話で説明されるので、人物の関係が掴みにくい。
・お誕生日会の設定より、元の電車の警笛を待つ話の方が、伝えようとしているテーマには合っているのでは。
・元の脚本の設定「警笛を鳴らす」ことに関して、自分の子どものために鳴らすのはまずいかもしれないが、子どもの友達が鉄道好きでその子のために鳴らすということならセーフでは?→調べてOKなら元の設定を生かす方向にしたい。


 金平さんの脚本は作者の温かさがにじみ出ているやさしい雰囲気のお話でした。人数を増やすために設定を変えると、テーマを薄める原因になりがちなので、私も気を付けたいと思いました。原稿として完成させなければいけないそうなので、頑張ってください。
私は初めて上演指導を体験してみて、学年劇を創り上げる先生たちのパワーを思い知り、改めて劇作の会の先生たちを尊敬しております。              
【文責:二見】

次回の翠会は6月9日(土)15時~ 成城学園初等学校

0 件のコメント:

コメントを投稿