トップページ

2018-07-26

【実践研究会】7月例会報告


日 時:7月14日(土)15:00~
場 所:成城学園初等学校仮校舎
参加者:今井・金岡・新保・林(玖)・林(久)・和賀井(6名)

1.特別な教科 道徳を演劇的な手法で深める提案①
/林さん
『うばわれた自由』(教出6年 学研5年)      
~項目「善悪の判断」「自由と規律」「自由と表現」

①メンタルリハーサル…教材に入る前に導入として用いる。先生が日常起こり得る学校生活の物語を語り聞かせる。子どもたちは目をつぶって聴く。物語①~K君は自分が遊びたくて、インゲンの水やり当番を怠けてしまう。物語②~K君はNさんの順番をどんどんとばして勝手に跳び箱を跳んでしまう。K君は先生に厳しく叱られる。ふてくされてしまったK君の心に届くように声かけをしてあげよう。~参加者による実習~

②ドラマワークによる創作場面A 「獄中の王様のわがまま」をスキットで
 王位を奪われ投獄された王が、相変わらずわがままを通そうとするが、囚人となった王を誰も相手にしない。不自由な身となった王の心情を感じ取るアクティビティ。~参加者による実習~「食べ物を持ってこい」「綺麗な部屋に移せ」「シルクのガウンはどうした」⇒「あなたはもう王ではない」「あなたのわがままで国は滅茶苦茶になったいずれ滅びるだろう」

③ドラマワークによる創作場面B~「国に広がる噂」をボイス・イン・マイ・ヘ
ッドで 王のわがままは国中に広がり、人心は乱れ国内は混乱する。国の末期
的な状況の噂が王の耳にも入ってくる。~参加者による実習~「みんな怠けて誰
も働かない、国内には物がない」「力が強い者だけが生き残る」「みんなが捨てた
ゴミで町中はゴミだらけ」「強盗が多発」「兵隊が怠ける、隣国に滅ぼされるかも」

④ドラマワークによる創作場面C~「理想の国づくり」をなりきりスピーチで
釈放され王位を取り戻した王は「これからの理想の国づくり」について国民を前にスピーチをする。~参加者による実習~「規律とは、みんなを縛るものではなく幸せにするものなのだ」「わがままと自由を区別しなくてはいけない」「みんなの自由を守るために、きまりを守る国を、もう一度つくりたい」

⑤討議~
○文章を読んで考えるだけでも、表面上では主題に辿りつけるが、本音と建前の乖離は拭えない。この様に身体を潜らせることによって深めることができると思う。
○教材の「じーん」とするところは終末のガリューの赦しの場面。取り上げると良かった。今回のワークの終わり方で、自分の生き方に反映される様な深い学びが得られるだろうか。
○この指導計画を丸々やると、時間がかかる。どこを焦点化して実施するかが問題。
○メンタルリハーサルを教師の語りかけとして一方通行で行うのではなく「呼応させる形」で対話型で進めるのも良い。納得できないでいる相手のバックボーンに寄り添う。「でも」「だって」の言葉に重ねていって、深めるていく方法もある。
○教科書教材の不十分さや偏りを感じることが多い。光村の「きまりのない国」は良い題材だった。「もし、~だったら」と仮定してみる。学級内の問題行動を見直す機会になった。



2.楽しみながら取り組む
3年生道徳学習「なんでもバスケット」
~「わたしらしさ」をのばすために光村3年
/木村大望さん

①報告~成城では「道徳」を特設していない。教員の裁量で学級の実情に応じて重点的に実施している。「なんでもバスケット」はキャリア教育の性格が強いので、もっと広く児童の人格形成に関わる気づきにつなげていきたかった。「個性の伸長」という項目を深めるには、指導者の感性や取り上げ方が大きく問われる。

②討議~
○自分の特徴に気づき、それを伸びていくことを支援するのが「個性の伸長」。他者理解は、友だちの短所を受け止めるところまで深めたい。
○自分の「良いところ」を見つける仕掛けはいろいろある。人形と対話させたり、「私は誰でしょう?」のクイズを実施したり、いいところカードを作って「その子を模した人型」に貼っていったり…。
○自己認識に関わる活動はゲーム形式で行われることが多いが、その様な、楽しさに支えられた共通体験からいかに認識を深くしていくのかが課題だ。
○子どもには自分の特徴を語りたくない自由も保証されるべきだ。
○学級づくりがうまくいっていて、集団の中で心が開放されていて、アサーションの力が高ければ、どの子も自己開示できるはず。
○それでも、自己開示したくない子もいる。逸れた児童も容認できることも大事。
○聖書の読みからの学びは難しい。「放蕩息子の逸話」など、宗教的な愛(アガペー)の認識は道徳的価値項目を既に包摂している。
○「本日の主役」という活動で、互いに良いところを言い合った。外見の特徴から始まったが、当人が持っている良いエピソードの紹介へと深まっていった。
○道徳の教材、題材(教科書も)を選び、アレンジする自由が本来、認められているべきだ。現行の制度は縛りが強い。生活科位の緩やかな運用が望まれる。自分で工夫したい教員には辛い縛りである。工夫しない教師は教科書を「とりあえず」読ませていれば良い。「とりあえず派」に合わせた現行の縛りは、深い学びを求めて工夫する教師を不自由にする。
○深い学びにいたる教材づくりは脚本創作と共通し、深い学びにいたる学習活動は、演劇教育と重なるところが多い。
【記録・文責 林】

《次回予告》 次回の実践研究会は9月8日(土)15:00~17:00です!
①報告・活動試行 「道徳・学級経営に活かす劇的活動」/木越 憲輝さん
②実習「二学期のスタートを楽しく豊かにする表現遊び、劇的活動」/林 久博さん

   
 集団で共通のイメージを持って楽しく遊ぶことで子どもたちの繋がりは強くなります。子どもたちの明るい笑顔が溢れる教室をつくっていきましょう。(林)

0 件のコメント:

コメントを投稿