トップページ

2018-11-23

【実践研究会・翠会】11月定例会報告

翠会と合同研究会。

 森公洋さんの脚本検討は、内容面に限らず、劇作法にまで話が広がった。子どもたちと、どう劇を創っていくのかという根本的な問いを自問自答してみたいと思った。脚本の在り方と演出の在り方は、密に結びついている。脚本の創作の過程も、形式も、多様であっていいと思う。が、子どもが演じるということ、その脚本を通して子どもが成長していくのだということは、忘れてはならないだろう。

 さて、実践研究会の番となった。発表者は、西脇正治さん。まずは、表現あそびで、体と心をほぐす。参加者2チームに分かれて、「だんだん~になる」を行う。見ている方のチームは、相手の「~」を当てるという仕事がある。

 それにしても、みなさん、体がよく動きます。ゲラゲラ笑いながら、テンションもアップ!続けて、木村たかしさんが、「なにやっているの?」という表現あそびを提案。通常バージョンで、順にやった後、全員参加型のバージョンでやってみようということ。
 例えば、「動物園で、動物を見ているの。」と言えば、みんなが即興でいろいろな動物になったり、お客さんになったり、迷子が現れたりと思い思いに、その場面に参加していくのである。この活動も大いに盛り上がった。聞けば、木村さんが担当しているクラスの高校生たちと学校宿泊をした時に、自然発生的に生まれた遊びだそうである。ぜひ、クラスでもやってみたいと思った。

 そして、本題の実践発表。会員の澤田麻美子さんに教えてもらった活動だそうで、気に入って年度に2回ほど行っているとのこと。

(活動の要旨)
①クラスメートのカードをアットランダムに引く。
②引いたカードに書いてある友達を2週間にわたって、見守る。(天使になる)
③その友達のすてきなところ、すばらしいところを発見していく。
➃友達のよいところを天使のハートカードに書き、プレゼントする。
⑤もらったカードのメッセージをもらった本人が読み上げる。
 これも、実際に参加者同士でやってみたが、カードには、すばらしいほめ言葉が書かれていて、とてもうれしい気持ちになった。また、相手のよさを書くのも楽しい活動で夢中になってしまった。みんな、ほめたりほめられたりして、温かい雰囲気になった。
 ほめ方も、人それぞれで興味深かった。例えば、
「本当はえらいんだけど、えらぶらない。」(だれでしょう?)
「声がやわらかい。表情がやわらかい。体もやわらかい。」(だれでしょう?)
など、短くてもインパクトがあって記憶に残った。うまいと思った。

(話し合いから)
・表現活動は、短い時間でその場限りで完結するものというイメージだ。しかし、この「シークレット天使」は、2週間にわたって活動は続いている。ロングスパンで、意識が継続していくことがいいと思った。実際に子どもたちの気持ちがどう変容していったのか、(成長したのかを)もっと知りたい。
・天使がメッセージを読み上げるのではなく、もらった本人が読み上げるのも、有能感を刺激していいと思った。
・学級の人間関係がうまくできていないと、この活動はむずかしい。心を傷つけるような言動も起こるかもしれない。
・書ける子と書けない子との差が大きい。教師が個別相談に乗って指導するのもOK。
・「ほめことばのシャワー」もそうだが、こういう活動はマンネリになると、意味がない。しっかりと教師がねらいを持って活動にあたるべき。

 西脇さんらしいとてもハートフルな実践発表であった。

<次回の実践研究会は!>
12月8日(土)15:00~17:30
◎活動試行「学級活動の進め方or道徳の進め方」(関口さん)
◎実践報告「上演指導を振り返って ユタと不思議な仲間たち(6年)~学芸会によって育てたい児童像~」(今井さん)
◎実践報告「ソックスパペット人形劇どんぐり広場は大騒ぎ」(岡さん)

【文責:野口 祐之】

0 件のコメント:

コメントを投稿